ブダペスト現代美術館

マーカーはブダペスト現代美術館です。

ブダペスト現代美術館
[英雄広場にある2300 ㎡の床の大聖堂は、建築家アルベルト・シッケダンツ(Schickedanz Albert)が設計、ハンガリー建国一千年を記念して1896年に完成しました。
建物の主なテーマは、コリント式の柱を備えた6列の玄関です。奥の壁上には、ラヨシュ・デアーク・エブナー(Lajos Deák Ébner)作による、3つの部分からなるフレスコ画が、火山とアテナの像、彫刻の始まり、アポロとミューズの芸術の噴水、古代伝説による羊飼いとの絵画の起源を描いています。中間画像は、絵画と彫刻の寓話的な人物を示しています。銅で作られ、扉枠で装飾されたメインゲートは、パル・サトリ(Sátori Pál)によって作られました。
建物のファサードの明瞭さと装飾は、選択された色と素材の調和だけでなく、ペーチパイログラナイトの希少性からも注目に値します。レンガ壁の壁は、付柱コーニス、窓枠、テーブルクロスとアモールのカラフルで成熟したルネサンスの要素によって分割されています。
歴史的な建物は、1991年から94年にかけて大規模な再建が行われました。これにより、訪問者は、建物の本来の美しさ、植物の装飾、復元された半円形の列ホール、その側船と天窓を賞賛することができます。  (「ブダペスト現代美術館ホームページ」 – 「建物について」より)]

ブダペスト現代美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がブダペスト現代美術館です。

ブダペスト現代美術館ファサードのカメラです。

ブダペスト現代美術館エントランスホールのカメラです。

ブダペスト現代美術館展示ルームのカメラです。