ブダ城の迷宮

マーカーはブダ城の迷宮です。

ブダ城の迷宮(Budavári labirintus)
[ブダ城の地下には自然の洞窟が元になった長大な迷宮が広がり、カタコンベなども残っており、第二次世界大戦中にはドイツ兵の隠れ場所にも使われた。王宮の丘の地下には環境保護区になっている洞窟もある  (wikipedia・ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通りより)]

[ブダ城の地下にある迷路は大変興味深い場所であり、また世界遺産の1部です。地中にある洞窟が地下室で結ばれることでこの迷宮はできあがりました。かつては避難壕として、あるいは秘密の軍事施設として使われたこともありましたが、現在は博物館であり、イベントスペースとしても利用されています。団体でも個人でも観覧できますし、夜まで営業しております。夜には全ての照明が消され、ランプ1つだけを持っての観覧となります。珍しい展示を是非ご覧になって下さい。
「古代の迷路」と名付けられた部分は古代ヨーロッパの壁画複製や古代ハンガリーの歴史やかつて信仰されていたシャーマニズムなどに関する展示が常設されております。
住所:Budapest, I. ker. Úri u. 9
営業時間:9:30〜19:30(ランプによる「闇夜の迷宮」は18:00より)  (「ブダペストの再発見 – ハンガリー 」より)]

Labyrinth – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がブダ城の迷宮への入口です。

ブダ城の迷宮へのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*