恐怖の館

マーカーは恐怖の館です。

恐怖の館
[恐怖の館(洪:Terror Háza)とは、ハンガリーブダペストアンドラーシ通り60に位置する博物館である。
ハンガリー臨時国民政府時代のファシズムハンガリー人民共和国時代の共産主義等の20世紀のハンガリーに関する展示をしており、またそれらの時代の犠牲者や抑留者、詰問された者等の記念碑の役割も兼ねている。
恐怖の館は2002年2月24日に開業し、それ以来の館長はシュミッド・マーリアである。
恐怖の館は欧州記録良心機構の会員である。
恐怖の館はオルバーン・ヴィクトル内閣の下で建設が決定した。2000年12月、中欧及び東欧の歴史と社会研究所は多数の血を流した20世紀のハンガリーの歴史を展示する博物館を建設する為の建物を買い取った。
一年に亘る工事の下で、建物は内外ともに完全に刷新された。館内の展示ホールの最終的な見た目や外部正面は全て建築美術家であるアッティラ・F.コヴァーチュによって行われた。また、この建物の復元計画はシャーンドル・ヤーノシュとウーイサシ・カールマーンによって行われた。屋外の復元はある種のモニュメントであり、屋外の黒い装飾物(切り立った壁や黒い花崗岩も含む)はアンドラーシ通りに建つ他の建物に合わせる為の物である。
ナチス・ドイツソビエト連邦との関係、及びそれを受け入れたハンガリーについての展示が為されている。また、矢十字党ハンガリー国家保衛庁等についての展示もそれには含まれている。
多くの情報や展示はハンガリー語でなされているが、大きな情報板は英語でも書かれている。また、オーディオガイドは英語とドイツ語でなされており、使用する事が出来る。
展示室に流れている音楽にはボナンザ・バンザイの音楽も含まれている。流れている音楽はオーケストラにミックスや音響効果をかけ作曲された物が用いられている。
また、写真撮影及びビデオカメラの使用は館内では禁じられている。
恐怖の館の屋外にある犠牲者追悼碑・wikipedia-photo  (wikipedia・恐怖の館より)]

カメラ北方向が恐怖の館で、外壁の下・帯状に犠牲者追悼碑が設置されています。

恐怖の館内のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*