アイゼルナー・シュテーク

マーカーはアイゼルナー・シュテークです。

アイゼルナー・シュテーク(鉄の橋・Eiserner Steg)
[1869年に開通した歩行者専用橋のアイゼルナー・シュテークは、この街の象徴的建造物の1つである。この橋の北詰にあるザールホーフ(フランクフルト歴史博物館)カトリックレオンハルツ教会シュタウフェン朝(1138年 – 1208年、1215年 – 1254年)にまで遡る文化財建築である。
マイン川に架かる橋、画面右端がアイゼルナー・シュテーク、その左隣の橋がアルテ・ブリュッケ」・ wikipedia-photo  (wikipedia・フランクフルト・アム・マインより)]

[アイゼルナー・シュテークは、ドイツのフランクフルト市のマイン川に架かる歩道橋で、フランクフルトの中心部とザクセンハウゼン地区を接続しています。 最初の錬鉄製の橋は1868年に建設されました。1911年から1912年にかけて、わずかに大きな片持ち梁の橋に置き換えられました。
第二次世界大戦後、アイゼルナー・シュテークは、非常に多くの橋の構造のように、戦争の末期にナチス・ドイツ国防軍によって爆破された後、再建された最初の橋の1つでした。1946年に変更されずに再建されました。
1993年に橋は完全に改装されました。現在、2つのリフトがあり、車椅子やベビーカーが簡単に通行できます。
アイアンブリッジ(2010)・wikipedia-photo、コメルツバンクタワーから見たアイアンブリッジ・wikipedia-photo、フランクフルトの鉄の歩道橋に書かれたギリシャの碑文/メイン:「ワイン色の海で他の人にセーリング」・wikipedia-photo]

[マイン川に架かる多くの橋のうちの1つ、アイゼルナー・シュテーク。1869年に開通した古い橋で、歩行者専用になっている。橋に南京錠をかけるのがいつから流行し始めたのか知らないが、アイゼルナー・シュテークにも両側に数え切れないほどの南京錠がぶら下がっている。  (「フランクフルト散策 No. 2 / Walking in Frankfurt No.2 – Yahoo …」より)]

鉄の橋 – Google Map 画像リンク

アイゼルナー・シュテークの鳥瞰カメラです。

カメラ位置はアイゼルナー・シュテークで、カメラ北北西方向右にザールホーフ(フランクフルト歴史博物館)、左にレオンハルツ教会があります。

黄昏のアイゼルナー・シュテーク

アイゼルナー・シュテーク桁下のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*