アルテ・ブリュッケ(古い橋)

マーカーはアルテ・ブリュッケ(古い橋)です。

アルテ・ブリュッケ(古い橋・Alte Brücke (Frankfurt am Main))
[マイン川の両岸は、フランクフルト市内で最も魅力的な地域に発展してきている。ムゼウムスウーファー(博物館堤)の拡張、川岸施設の刷新、旧フランクフルト西港の住宅・産業地域への改変といったプロジェクトが行われ、建築上見所の多いマイン川の橋などがある。アルテ・ブリュッケ(直訳すると「古い橋」、1222年にはすでに文献に記録されている)は、何世紀もの間、この町で最も重要な建造物であった。
「マイン川に架かる橋、画面右端がアイゼルナー・シュテーク、その左隣の橋がアルテ・ブリュッケ 」・wikipedia-photo、「ポルティクスとアルテ・ブリュッケ」・wikipedia-photo、「マインハッタン」とも呼ばれるフランクフルト・アム・マインのスカイライン(手前の橋がアルテ・ブリュッケ)・wikipedia-photo  (wikipedia・フランクフルト・アム・マインより)]

ブリックギッケル(Brickegickel)
[ブリックギッケル(橋の岩、高ドイツ語:bridge cock)は、1401年以来フランクフルト・アム・マインの古い橋のランドマークとなっています。それは何世紀にもわたって5回更新されました。 橋の歴史と密接に結びついており、フランクフルトで最も有名な伝承のひとつです。
ブリックギッケルの歴史
1401年、橋の中央のアーチである十字架アーチに十字架が置かれ、最も深い水深の位置を示しました。1405年からのアルテ・ブリュッケ(古い橋)の最古の絵には、2つの橋の塔と一緒にブリックギッケル(Brickegickel)が描かれています。十字架の一番上には、警戒の象徴としての黄金の雄鶏がいましたが、ペトロが主イエスを裏切ったことに対する後悔の象徴でもありました。したがって、雄鶏は、橋の狭いアーチの下の流れに船を誘導するため、船員に警告する目印になります。
ここでも何世紀にもわたって処刑が行われてきました。 現存するフランクフルトの裁判所の記録は、1366年から1613年にかけて、約130人がマイン川で溺死したことを示しています。15世紀には、フランクフルトで最も一般的な死刑の形式でした。  いわゆる神聖ローマ皇帝カール5世(在位:1519年 – 1556年)の恥ずべき裁判所命令(カロライナ・コンスティテューティオ・Constitutio Criminalis Carolina)によると、溺死は窃盗、子どもの殺人、近親相姦、反目、中毒、中絶に対する意図的な罰でした。処刑の執行は、ラースナーの記録(Lersnerschen Chronik)に記載されています。他の死刑執行とは対照的に、死刑は夜間に行われ、死刑執行中の通常の混雑を避けるために行われました。
ブリックギッケル(Brickegickel)の運命
●1434年にマインでの激しい嵐により倒壊
●2番目は、三十年戦争(1618年-1648年)中に1635年にスウェーデン軍によって砲撃によって破壊されました。 ブリックギッケル(Brickegickel)は1552年のプリンス蜂起(Fürstenaufstand)でのフランクフルトの包囲の間にすでに損傷を受けていました。
●3番目のブリックギッケルは、1739年12月16日洪水により橋は沈没し、ブリックギッケルは橋塔と共に崩壊し、もはや見つかりませんでした。
●4つ目は1750年にバロック様式のブリックギッケルは新しい台座と十字架の上に作られ、その台座と十字架は1914年に解体され、ブリックギッケルは1926年から1945年にその場所に建設された新しい古い橋の上に立っていました。後期バロック様式の砂岩台座と十字架の錠前細工の技術もこの時代のものです。1945年3月26日の第二次世界大戦中に、ドイツ国防軍によって橋の2つのアーチが爆破され、米軍の前進が停止されました。台座と十字架は破壊され、レンガはマイン川に落ちましたが、ブリックギッケルは回収することができました。その後、ブリックギッケルは歴史博物館に保管されました。調査の結果、ブリックギッケルにはいくつかの銃弾の穴があったことが明らかになりました、これはおそらく1813年10月31日にフランス第一帝政バイエルン王国の戦闘中に受けたものと思われます。
●5番目は、1967年12月7日に、後期バロック時代の台座と十字架の忠実なコピーとともに、改修されたアルテ・ブリュッケ(古い橋)の上に建てられました。
●6番目のブリックギッケル(Brickegickel)は、5番目のブリックギッケルが1992年に盗まれた後、1994年9月に建設されました。現在のブリックギッケルは青銅製で、雄鶏は2014年に更新された金箔で覆われています。2013年から2017年まで、ブリックギッケルは「橋梁建築協会」の支援を受けて、修復のための工房に移されました。 2017年11月17日、ブリッキーゲッケルは元の場所に設置されました。
アルテブリュッケ(古い橋)のかつての場所に設置されたブリックギッケル・wikipedia-photo、1405年のベデブーフのブリックゲッケルを含む旧橋の最も古い絵・wikipedia-photo、ブリックギッケル(Brickegickel)・wikipedia-photo、現在の場所(フェアウェイの中央)・wikipedia-photo]

Brickegickel – Google Map 画像リンク

カメラ位置はアルテ・ブリュッケ(古い橋)で、カメラ西方向・右がアルトシュタット(旧市街)で、左がザクセンハウゼン(Sachsenhausen)です。また、カメラ北方向・橋灯向こうに2017年11月17日再設置されたブリックギッケル(Brickegickel)が見えます。

カメラ南東方向がザクセンハウゼン方向です。橋左高欄側・橋柱の中間にブリックギッケル(Brickegickel)が見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*