カタリーナ教会

マーカーはカタリーナ教会です。

カタリーナ教会(St. Catherine’s Church, Frankfurt)
[1678年から1681年にツァイルの入口に建設されたバロック様式のカタリーナ教会は、ゲーテの一家(ゲーテハウス/ゲーテ博物館)と親密な関係にあった。現在この教会はフランクフルト最大のプロテスタント教会である。  (wikipedia・フランクフルト・アム・マインより)]

[ハウプトヴァッヘ広場の向こうに見えるカタリーナ教会は、ドイツを代表するフランクフルト出身の文豪、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテが 1749 年に洗礼を受けた教会ですが、第二次世界大戦中の空襲で全壊し、現在の姿は再建によるものです。  (「ハウプトヴァッヘ / フランクフルト|エクスペディア」より)]

[聖カタリナ教会(ドイツ語:Katharinenkirche)は、ドイツのフランクフルト・アム・マインで最大のプロテスタント教会です。最も有名な広場の1つであるハウプトヴァッヘの近くにある旧市街の教区教会です。教会は殉教者の初期キリスト教聖人アレクサンドリアのカタリナに捧げられています。
建物は1681年にバロック様式で建設ました。1944年に第二次世界大戦中の連合軍空襲で大きな被害を受けた後、1950年代に教会はよりシンプルなスタイルで再建されました。 1978年から2005年の間に、戦争を生き延びたオリジナルのバロック絵画を含む、より詳細な外装と内装の修復が完了しました。尖塔と屋根は2011年に完全に復元されました。
セントカタリーナズは、ゲオルク・フィリップ・テレマンが市の音楽のディレクターだった頃から、教会音楽の中心として長い伝統を持っています。1990年に設置されたリーガー・オルガン(Rieger Orgelbau)を中心に定期的なコンサートシリーズを開催しています。
1343年、フランクフルト大聖堂の聖歌隊の先唱者であるウィッカー・フロッシュ(Wicker Frosch)は、病人や貧しい人々のためのホスピスセンターを建設するために、シュタウフェンマウアー(Staufenmauer)のボッケンハイマー・トー(Bockenheimer Tor)の前に土地を受け取りました。2年後、フロッシュは病院の資金を保証する財団を確保し、1354年にアレクサンドリアのカタリナと聖女バーバラ(Saint Barbara)に捧げられた貴族の修道院を女性のためにドイツ騎士団のルールで組織しました。
フランクフルトは1533年に宗教改革を採択し、旧市街の中心にあるすべての宗教建築物を一方的に対象としました。中世の修道院は両方とも解散し、1554年3月8日にフランクフルトの改革派フランス人コミュニティに与えられ、正式にそのコミュニティが市に設立されました。しかし、聖カタリーナ教会は1550年代以前に宗教改革の歴史を持っていました。1522年にハルトマン・イバッハ(Hartmann Ibach)の説教壇であったため、そこでのディートリッヒ・サルトリウス(Dietrich Sartorius)、そして最後にヴィッテンベルク(Wittenberg)のヨハネス・セラリウス(Johannes Cellarius)説教はフランクフルトで論争を巻き起こしました。
教会は1678年から1681年の間にメルヒオール・ヘスラー(Melchior Heßler)によってバロック様式で建てられ、高さ54メートル(177フィート)に及びます。三方(西、北、東)には二重のギャラリーがありました。 ギャラリーの絵画のサイクルが空間を支配しました。下の階には、聖書の場面を描いた41の絵画がありました。1つは旧約聖書からの各本、そして新約聖書からのいくつかの本です。上の階には、聖書や寓話のトピックに一致する42の絵画がありました。祭壇は一般の例のように東に設置されましたが、説教壇は南の壁にありました。天井の木製の構造は、後期ゴシック様式のヴォールトの丸天井を連想させます。そこには、第二次世界大戦後に復元されなかった聖書の場面の絵画が描かれていました。
ドイツの作家、芸術家、政治家のヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(1749–1832)は、1749年にこの教会で洗礼を受けました。教会はプロテスタント会衆によって永遠に使用するために残された市内の9つの献身教会(市所有のドテーション教会・Dotationskir​​chen)の1つになりました。
1944年3月22日現地時間09:43に時計が停止した、空襲によりカタリーナ教会を含む旧市街の大部分が破壊されました。
再建は、1950年のペンテコステで始まり、1954年10月に完了しました。修復後、教会は1954年10月24日に礼拝で再開されました。尖塔は2011年に再び修復され、新しい屋根と壁の色が歴史的なモデルと一致しました。上の十字架も復元されました。
カタリーナ教会・wikipedia-photo、祭壇に向かう身廊・wikipeia-photo、1990年のRiegerオルガン・wikipeia-photo]

カタリーナ教会 – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向がカタリーナ教会です。

カメラ南東方向がカタリーナ教会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*