クラインマルクトハレ(小市場)

マーカーはクラインマルクトハレ(小市場)です。

クラインマルクトハレ(小市場)
[1944年に破壊された後、1954年に新設されたクラインマルクトハレ(訳は「小市場」。屋内市場)は、平日には150以上のテナントであらゆる種類の食材が売られている。
クラインマルクトハレの内部 ・wikipedia-photo  (wikipedia・ランクフルト・アム・マインより)]

[日々の食料買い出しに、ときにはチョイ飲みにと、しばしば立ち寄るのはフランクフルトの常設市場、Kleinmarkthalle(クラインマルクトハレ)。ソーセージ 等、ドイツのインビスだけでなくイタリアン やインド料理までもが楽しめる、フランクフルトのおたのしみスポット。その中でも利用頻度が高いのが、手軽にタパスが楽しめるこちらの店。スペイン気分を味わいながらチョイ飲みしたい時に、足を運ぶバル。  (「マルクトでタパス – うきうきビール生活 in フランクフルト」より)]

カメラ西北西方向にクラインマルクトハレ(小市場)の出入口があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*