シュタイナーネスハウス

マーカーはシュタイナーネスハウスです。

フランクフルト芸術協会
[フランクフルト芸術協会(ドイツ語:Frankfurter Kunstverein)は、1829年にドイツフランクフルト市の有力な市民グループによって設立された美術館です。この機関の目的は、貿易とビジネスの重要な中心地であった市内の芸術を支援することです。一般の人々が芸術や文化にアクセスできるようにするために、芸術作品が購入され、展示会が開催されました。創設者の中には、市の上院議員で後に市長を務めたヨハン・ゲルハルト・クリスチャン・トーマス(Johann Gerhard Christian Thomas)、歴史家ヨハン・フリードリッヒ・ベーマー(Johann Friedrich Böhmer)、美術史家ヨハン・デイビッド・パサヴァント(Johann David Passavant)がいました。博物館の設立後まもなく、多くの重要で影響力のある市民と芸術家がメンバーになりました。
現在、博物館はフランクフルトの中心部、市の市庁舎近くシュタイナーネスハウス(Steinernes Haus・「石造りの建物」)と呼ばれる1464年のゴシック様式の建物にあります。活動を支援し、設立から150年以上たった今でも博物館の目的を達成できるようにする約1,700人の会員がいます。美術館には芸術はもはや購入されていないため、永続的なコレクションはありませんが、現代美術の展覧会は国際的に有名です。さらに、ガイド付きツアー、シンポジウム、映画プログラム、小旅行が企画されています。 そのため、モダンアート美術館シルン美術館などの重要な美術館の近くでも、美術館はフランクフルトのアートシーンだけでなく重要な出会いの場としての地位を確立しています。特に、国営美術学校(Städelschule)と有名なデザイン学校HFGの若いアーティストは、博物館と密接に関連しており、協力が一般的です。
フランクフルト芸術協会が入居しているシュタイナーネスハウス ・wikipedia-photo]

フランクフルト芸術協会 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がシュタイナーネスハウスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*