エピファニー教会(ドライケーニッヒ(三王)教会)

マーカーはエピファニー教会(ドライケーニッヒ(三王)教会)です。

エピファニー教会(ドライケーニッヒ(三王)教会・Dreikönigskirche)
[ザクセンハウゼン(Sachsenhausen)のマイン川岸で他を圧する建物が、1875年から1881年に建設された三王教会である。また、マイン川に沿って博物館が点在している。ザクセンハウゼンでは第2土曜日ごとに、ドイツ最大級のノミの市が開催される。
「博物館堤、画面右手前は三王教会、その奥がドイツ・イコン博物館」・wikipedia-photo、ザクセンハウゼンの三王教会・wikipedia^photo  (「wikipedia・フランクフルト・アム・マインより)」

[ドライケーニッヒ(三王)教会は、フランクフルト・アム・マインにある福音派教会です。ゴシック・リヴァイヴァル建築の建物は、ザクセンハウゼン地区のメインの南岸にある大聖堂建築家フランツ・ヨーゼフ・デンツィンガー(Franz Josef Denzinger)の設計に従って、1875年から1880年の間に建てられました。
1338年、ザクセンハウゼン市民のハイレ・ダイマール(Heile Dymar)が騎士団病院の拡張のために礼拝堂を寄付しました。ダイマールは後期ゴシック様式のシンプルな2通路のホール教会を建てました。 1340年7月23日、礼拝堂は東方の三博士に奉献されました
中世を通して、フランクフルトの教区の権利は聖バーソロミュー教会によって独占的に保持されていました。大聖堂の主任司祭は同時に教区司祭でもあり、教会のすべての行事、いわゆる「伝統的な儀式(Kasualien)」を主宰していました。 これは、ザウセンハウゼンとノイシュタット(Neustadt)の市民の間で大きな不満をもたらしました。なぜなら、夜にシュタウフェンマウアー(Staufenmauer)と古い橋の門がロックされている場合、宗教的指導は不可能でした。議会のすべての要求にもかかわらず、ノイシュタットのドライケーニッヒ教会とピーター教会は、ニコラウス・フォン・キュース(Nikolaus von Kues)枢機卿の扇動により、1452年まで聖バーソロミュー教会の支部教会に昇格しませんでした。
宗教改革は1522年からフランクフルトで広まりました。1525年、ドライケーニッヒ教会は宗教改革後、開かれたフランクフルトで最初の教会となり、改革派の説教者のみが働きました。1531年、評議会は、以前はカルメル会修道院の守護者であったピーター・ファイファー(Peter Pfeiffer)を雇い、3人目の常勤の説教者を任命し、彼をエピファニー教会に派遣しました。これにより、ザクセンハウゼン・クリスチャンの何世紀にもわたる不利益が終わりました。
19世紀の初めに、小さなエピファニー教会は次第に荒廃しました。1821年、都市の建築家フリードリッヒ・ヘスは専門家の意見を発表し、教会を改修することができなくなったため、新しい建物を求めました。
1829/1830年に、フランクフルト市とフランクフルトのキリスト教会の間で、ドイツで唯一の助成金協定(Dotationsvertrag)が締結され、教会の所有権はフランクフルト市に移りました。それ以来、市は「建物とオルガンなどの教会の付属物を良好な状態に保つ」義務を負っています。
1832年、都市建設者ヘス自身が別のレポートで、改修がまだ可能であると述べました。それにもかかわらず、古い教会をオーバーホールする手段は取られていません。
最後の礼拝は 1872年4月7日に旧エピファニー教会で開催されました。教会はその後閉鎖され、1875年5月から8月の間に解体されました。その後、新しい建物の建設が始まり、1880年後半に完成しました。1881年5月8日に、新しいエピファニー教会が発足しました。ジョセフ・カスパー・コレッジョ(Joseph Kaspar Correggio)が設計した高祭壇は、世紀の変わり目に実現しました。
第二次世界大戦中、フランクフルト・アム・マインの空襲で教会はほとんど被害を受けませんでした。教会は1954年に被災部分の修正がされました。教会の内部(窓とオルガンを除く)は、主にネオゴシック様式の元の状態のままです。
教会外観2011年4月・wikipedia-photo、エピファニー教会の内部・wikipedia-photowikipedia-photo、オルガン・wikipedia-photo]

Dreikönigskirche, Frankfurt – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がドライケーニッヒ(三王)教会正面ゲートです。

カメラ北方向がドライケーニッヒ(三王)教会です。

ドライケーニッヒ(三王)教会身廊のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*