パルメンガルテン

マーカーはパルメンガルテンです。

パルメンガルテン
[ヴェストエント北区の西部にはグリューネブルク公園がある。この公園内にはギリシア正教の教会や韓国風庭園がある。パルメンガルテン(椰子庭園)は1871年に設立された熱帯・温帯植物園である。約 2500 種類の植物が栽培されており、パパゲーノ音楽劇場やパルメン=エクスプレス公園鉄道などのアトラクションがある。そのすぐ隣には大学の植物園がある。これら3つの互いに隣り合った庭園は、フランクフルト中心街に近接した広大な緑地を形成している。  (wikipedia・フランクフルト・アム・マインより)]

[パルメンガルテンは、19世紀に 革新的な市民たちによって創設されました。 この庭園は、都市の心臓部に位置する緑のオアシスであり、フランクフルト市民や旅行者、そして通常なら花に興味がない人にも人気のエクスカーション目的地になっています。 現代的なガラス張りの温室14棟からなる熱帯園が、熱帯や亜熱帯の世界へと誘います。 緑豊かな熱帯雨林モンスーン森林から、高温多湿なマングローブ、そして刺々しい大サボテンが生える乾燥砂漠まで、地球上の様々な気候帯を完璧にシミュレーションしています。 熱帯園は、地球上の様々な気候帯を通る、学ぶことがの多い旅と自然体験とを結びつけています。 市の偉大な息子に対するオマージュであるゲーテ庭園も、一見の価値があります。 詩人であり情熱的なガーデナーでもあったゲーテは、銀杏の木に頌歌を捧げましたが、その “生けるオリジナル” が庭園内に多数育てられています。 この庭園の目玉になっているのが、高さが18メートルもあるパルメンハウス (椰子館) ─ パルメンガルテンで最も有名で最も古い建物 ─ です。 この鉄組の建物は、1868-1869年にフリードリヒ・カイサーの設計により造られました。 その際モデルになったのは、ロンドン (1846年) とパリ (1867年万博) の巨大なガラス製の宮殿です。 エキゾチックな “不思議の国” は、今なおその魅力を失っていません。 「原生林の雨」の後で、巨大な椰子の木の間にある木製ベンチに座り、神秘的な滴が乳白色の薄明の中へ落ちる音に耳を澄ましていると、まるで魔法にかけられたかのようになり、オウムがキイキイ鳴いて、ようやく現実に引き戻されます。 この他「万人のための植物学」が、様々なガイドツアーや講演のモットーになっています。  (「フランクフルトのパルメンガルテン。 ドイツの中心部に位置する …」より)]

カメラ西南西方向がパルメンガルテンです。

パルメンガルテン庭園のカメラです

パルメンガルテン温室内乾燥砂漠(サボテン)のカメラです。

パルメンガルテン温室内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*