ピーター教会

マーカーはピーター教会です。

ピーター教会(Peterskirche)
[ピーター教会は、フランクフルト・アム・マインの市内中心部にある福音教会です。ピーター教会は、1803年以来フランクフルト市が所有しており、市が維持する義務がある8つの寄付教会(Dotationsvertrag)の1つです。
ネオルネッサンス様式の建物は、ベルリンの建築家ハンス・グリセバッハ(Hans Grisebach)とアウグスト・ディンクラゲ(August Dinklage)の計画に従って、1891年から1894年にかけて、市内のほとんどの死者が1828年まで埋葬された歴史的なピータースキルヒホフ(Peterskirchhofs)の跡地に1381年から1891年まで存在した小さなゴシックの建物を建て替えました。教会の高さ68 mの塔は、建設当時の新市街で最も高い建物でした。
1944年3月22日、教会は爆弾攻撃(Luftangriffe auf Frankfurt am Main)でひどく損傷を受け、使用できなくなりました。
1961年から1965年までに建築家のテオ・ケルナー(Theo Kellner)とウィルヘルム・マッシング(Wilhelm Massing)によって再建され、 就任式は1965年6月6日に行われました。
再建中、教会の内部は非常にシンプルに保たれていました。貴重なものは、以前に他のいくつかのフランクフルト教会の窓を設計していたチャールズ・クロデル(Charles Crodel)によるステンドグラスです。
2002年まで、ピーター教会は福音派ルーテル・ピーター教会の教会でした。近隣のホルツハウゼン地区のエピファニー会衆と合併した後、会衆は教会活動に適した、より便利な場所にあるエピファニー教会(Epiphaniaskirche)に礼拝の場を移しました。
2004年から2007年にかけて、教会はセントピーターユースカルチャーチャーチ(jugend-kultur-kirche sankt peter)に変わりました。
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの両親の墓があります。
ピーター教会の南側(シュテファン通り)・wikipedia-photo、Nextowerからの眺め・wikipedia-photo、チャペルのステンドグラスの窓・wikipedia-photo、チャールズ・クロデルによる色ガラス窓のあるイベントホール・wikipedia-photo、ゲーテの父の墓・wikipedia-photo、ゲーテの母の墓・wikipedia-photo]

[Konstablerwacheの駅からちょっと北の方向へ歩いたところにある教会。6月はバラがとてもきれいでした。
Bleichstraße 33 60313 Frankfurt am Main  (「【Frankfurt am Main】フランクフルト・アム・マイン | ドイツ便利帳」より)]

youth-culture-church santa peter – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がピーター教会です。

カメラ南南西方向がピーター教会です。

ピーター教会ドア前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*