フランクフルト大聖堂

マーカーはフランクフルト大聖堂です。

フランクフルト大聖堂(Frankfurt Cathedral)
[特徴的な後期ゴシック様式の西塔を持つカトリックの聖バルトロメウス大聖堂は、皇帝の選挙と戴冠が行われた場所である。この大聖堂からレーマ(旧市庁舎)に通じる道はケーニヒスヴェーク(王の径)と名付けられている。新たに戴冠した皇帝が、市庁舎への宴のために行列を連ねた通りである。現在(2013年)、大聖堂前には、ローマ時代カロリング朝時代(751年 – 987年)の出土品が発掘された考古学の庭(Archäologischer Garten (Frankfurt am Main))がある。
考古学の庭 ・wikipedia-photo  (wikipedia・フランクフルト・アム・マインより)]

[フランクフルト大聖堂(ドイツ語:Frankfurter Dom)、正式には聖バーソロミュー大聖堂(ドイツ語:Kaiserdom SanktBartholomäus)は、ドイツフランクフルトアムマインの中心にあるゴシック建築のローマカトリック教会です。教会は聖バルトロマイに捧げられています。
市内最大の宗教建築であり、かつての大学教会(collegiate church)です。一般的な英語名にも関わらず、真の大聖堂であったことはありませんが、カイザードム(「帝国大教会」または帝国大聖堂)、または神聖ローマ帝国時代の選挙および戴冠式教会としての重要性から単にドムと呼ばれます。帝国の歴史の主要な建物の1つとして、特に19世紀には、国家統一の象徴でした。
現在の教会の建物は、同じ場所にある3番目の教会です。19世紀後半からの発掘調査によって7世紀にまで遡ることのできる建物が明らかになりました。この歴史は、フランクフルトとフランクフルトの旧市街の一般的な歴史と密接に関連しています。なぜなら、この大聖堂は、フランクフルトの王宮の宗教的な対応物としての役割を果たしていたからです。
聖バーソロミュー教会はフランクフルトの主要な教会であり、14世紀と15世紀にメロヴィング朝時代の初期の教会の基礎の上に建設されました。
1356年以降、神聖ローマ帝国の皇帝がこの大学の教会でドイツの王として選出され、1562年から1792年にかけて、ここで皇帝が選出されました。
ドイツの仲介化(German mediatisation)の過程で、フランクフルト市は最終的に残りのカトリック教会と資産を得るための寄付(Stift)を世俗化し、割り当てましたが、教会の建物の使用は既存のカトリック教区に任せました。したがって、聖バーソロミュー教会は、市が所有し維持しているが、カトリックまたはルーテルの会衆によって使用されている、市の献上教会となりました。
聖バーソロミュー教会は、特に19世紀のドイツの国家統一の象徴と見なされていました。かつて司教座ではなかったですが、フランクフルト最大の教会であり、中世ドイツ皇帝の戴冠式を含む帝国政治におけるその役割により、この教会は帝国史上最も重要な建物の1つとなっていました。
1867年、聖バーソロミュー教会は火災により破壊され、現在のスタイルで再建されました。第二次世界大戦中、1943年10月から1944年3月にかけて、中央ヨーロッパ最大のゴシック様式の旧市街であるフランクフルトの旧市街は、連合国空軍の6回の砲撃(Bombing of Frankfurt am Main in World War II)により荒廃しました。最大の損失は、1944年3月22日の空軍による攻撃で発生しました。そのとき、旧市街の1000棟を超える建物、そのほとんどが木組みの家屋が破壊されました。
聖バーソロミュー教会は深刻な被害を受けました。 内部は完全に燃え尽きました。建物は1950年代に再建されました。 尖塔の高さは95メートルです。
フランクフルト大聖堂平面図

聖バーソロミュー大聖堂・wikipedia-photo、塔・wikipedia-photo、オルガン・wikipedia-photo、ヴォールト・wikipedia-photo]

大聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がフランクフルト大聖堂入口です。

フランクフルト大聖堂塔南側のカメラです。

カメラ南西方向がフランクフルト大聖堂です。

フランクフルト大聖堂拝廊のカメラです。

フランクフルト大聖堂中央交差部のカメラです。

フランクフルト大聖堂、左側廊/翼廊のカメラです。

フランクフルト大聖堂内北側翼廊(袖廊)の360citiesです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*