メッセ・フランクフルト

マーカーはメッセ・フランクフルトです。

メッセ・フランクフルト
[商業見本市は、中世からフランクフルトで行われていた。皇帝フリードリヒ2世(在位:1220年 – 1250年)がこの街に見本市開催の特権を与え、その保護の下でヨーロッパの交易品を展示する秋の見本市が毎年開催された。1330年に春の見本市も開催されることとなった。神聖ローマ帝国内で2番目に大きな見本市開催都市であるライプツィヒとフランクフルトとの間は、ヴィア・レギアという広域幹線道路で結ばれていた。18世紀以降に衰退した時代があったが、第二次世界大戦後この街は古い見本市の伝統と再び結びついた。
これに加えて、フランクフルト書籍見本市国際モーターショー、アヘムやアンビエンテが開催されている。一方、近年は「テンデンス」と呼ばれている伝統的な秋の見本市は、その重要性を失いつつある。
「メッセ・フランクフルトの入口」・wikipedia-photo、トーアハウスとメッセ会場・wikipedia-photoメッセタワーwikipedia-photo、フランクフルト書籍見本市(2005年)・wikipedia-photo、フランクフルトモーターショー(2005年)・wikipedia-photo  (wikipedia・フランクフルト・アム・マインより)]

カメラ南西方向がメッセ・フランクフルトの入口です。

メッセ・フランクフルト前・フランクフルト地下鉄Uバーン駅口(フェストハレ/メッセ)の360citiesです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*