リビークハウス美術館

マーカーはリビークハウス美術館です。

リビークハウス美術館(Liebieghaus)
[リービークハウスは、ドイツフランクフルト・アム・マインにある19世紀後半の別荘です。マイン川ザクセンハウゼン堤防にあるミュージアムスーファー(Museumsufer)の一部である市立ギャラリー・リビークハウスの彫刻博物館があります。マックス・ホライン(Max Hollein・1969年、ウィーン)は、2006年1月からシュテーデル美術館の館長を務めています。
リービークハウスは、1896年にボヘミアの繊維メーカーであるバロン・ハインリッヒ・フォン・リービーク(Baron Heinrich von Liebieg・1839-1904)の隠居邸宅として、宮殿のような歴史主義建築で建てられました。
2009年10月に改装が完了しました。これには、一般公開されている「展示保管室(Open Depot)」の追加が含まれ、常設展示ではないコレクションの特定の部分を初めて見ることができます。
博物館には、古代ギリシャローマエジプトの彫刻、中世バロックルネサンス古典主義の作品、極東の作品が含まれています。このコレクションは、ほとんどが寄付や国際的な購入を通じて構築されたものであり、普遍的な範囲であり、フランクフルトの芸術や歴史とは特に関係ありません。
建物は、シャウマインカイ(Schaumainkai)通りのヨハン・ハインリヒ・フォン ダンネッカー(Johann Heinrich von Dannecker)作『パンサーのアリアドネ(Ariadne on the Panther)』のレプリカを含む多くの彫刻も展示されている庭園にあります。1810年に銀行家サイモン・モリッツ・フォン・ベスマン(Simon Moritz von Bethmann)によって買収されたオリジナルは、現在保管室にあります。
リービークハウス美術館・wikipedia-photo、保管室・wikipedia-photo、『パンサーのアリアドネ(Ariadne on the Panther)』・wikipedia-photo、「アボット・サン、未知の芸術家」・wikipedia-photo、ハンス・ムルチャー(Hans Multscher)作『マグダラのマリア(St Mary Magdalene)』・wikipedia-photo]

リービークハウス – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がリビークハウス美術館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*