レオンハルツ教会

マーカーはレオンハルツ教会です。

レオンハルツ教会
[1869年に開通した歩行者専用橋のアイゼルナー・シュテークは、この街の象徴的建造物の1つである。この橋の北詰にあるザールホーフ(フランクフルト歴史博物館)カトリックのレオンハルツ教会シュタウフェン朝(1138年 – 1208年、1215年 – 1254年)にまで遡る文化財建築である。
レオンハルツ教会・wikipedia-photo  (wikipedia・フランクフルト・アム・マインより)]

[レオンハルツ教会は、ドイツヘッセン州フランクフルトにあるカトリック教会および教区です。 この建物は、マイン川に近い町の中心部にロマネスク様式の大聖堂として1219年に建てられました。1425年から、ゴシック様式後期のホール教会(Hall church)に改造されました。レオンハルツ教会は、第二次世界大戦でほとんど損傷を受けずに生き残った旧市街の9つの教会のうちの1つでした。今日、教区は大聖堂教区の一部であり、英語圏のカトリック教徒の教区教会として機能しています。フランクフルトの歴史、教会の歴史、中世の工芸品の記念碑です。
教会は、マイン川に近い町の中心に建てられたロマネスク様式の大聖堂として1219年に始まりました。教会はノブラのレオンハルトに捧げられています。それは、双子の尖塔と、北への豪華に装飾されたポータルを特徴としていました。教会は1425年にゴシック様式のクワイヤに改造されました。おそらく、マデルン・ガーテナー(Madern Gerthener)の設計によるもので、1435年の現存するバルコニーとステンドグラスの窓があります。教会は、1508年から1520年の間に4つの通路がある後期ゴシック様式のホール教会に拡張されました。南のチャペルは、H.バルツ(H. Baltz)によって1515年に追加されました。1792年、フランス軍が建物を占領し、保管に使用し、家具の多くを売却しました。
教会の内部は2011年から修復中です。この期間中、礼拝は大聖堂とハイリヒガイスト教会(Holy Cross Church)で行われます。
アイゼルナー・シュテークからの教会・wikipedia-photo、ステンドグラスの窓を備えたゴシック聖歌隊(2008)・wikipedia-photo、間取り図(天井)・wikipedia-photo]

St. Leonhardskirche – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がレオンハルツ教会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*