レーマ広場

マーカーはレーマ広場です。

レーマ広場(Römerberg (Frankfurt am Main))
[フランクフルトはメロヴィング朝時代(481年 – 751年)にフランク王国の王宮所在地となりました。
843年にフランクフルトはしばしば東フランク王国(843年 – 973年)の最も重要な王の居城であり、帝国会議の開催地となりました。
フランクフルトは1220年に帝国自由都市となりました。
1356年の金印勅書は、フランクフルトを恒久的なローマ王の選挙開催地に指定しました。しかしそれ以前の1147年からすでにほとんどの王の選挙がこの街で行われていて、1562年からは皇帝の戴冠も、1792年の最後の神聖ローマ皇帝フランツ2世の戴冠に至るまで、フランクフルトで挙行されるようになりました。
レーマ広場は、アルトシュタットの中心となっている広場で、14世紀の市庁舎(レーマー)、初期ゴシック様式旧ニコライ教会、戦争で破壊された後に再建された広場東側の一連の建造物などがあります。地元クラブ(アイントラハト・フランクフルトやフランクフルト・ライオンズ)がタイトルを獲得した際には、市庁舎バルコニーで祝勝イベントが開かれる。サッカーワールドカップの際にも、ファンとともにこれを祝いました。
1393年に最初の記録が遺るフランクフルトのクリスマスマーケットは、毎年アドヴェントの時期に開催されます。現在では約 300万人の来訪者を数えるドイツ有数のクリスマスマーケットであり、200点以上の露店がマインカイからレーマーベルク、パウルス広場、ノイエ・クレーメ通り、リープフラウエンベルクを経てツァイルまで建ち並ぶます。
「レーマーベルクの東側の一連の建物。左端はフランクフルト大聖堂の西塔。」・wikipedia-photo、フランクフルト=レーマー広場のクリスマスマーケット・wikipedia-photo  (wikipedia・フランクフルト・アム・マインより)]

[フランクフルトの王宮(Königspfalz Frankfurt)は、9世紀初頭にサルバトル教会(現フランクフルト大聖堂)の西にある大聖堂の丘の上(考古学の庭)に建てられましたが、ケーニヒスハレの東翼が火事で破壊されるまで、約200年間、東フランク王国カロリング朝(843年 – 911年)とオットー家(ザクセン朝・919年 – 1014年、962年以降は神聖ローマ皇帝)の支配者に最も重要な住居の1つとして使用されていました。大惨事は現代のどの年代記にも記載されていないため、状況と正確な時間については何もわかっていません。考古学的調査結果は、少なくとも10日間以上の火災と認めています。その後安全な再構築は行われませんでした。
レーマ広場は、フランクフルトの旧市街のほぼ中央に位置し、東のいわゆる大聖堂の島と西のカルメル会(現考古学博物館)の丘の間にあります。レーマ広場の東部は、土曜日の山(サタデーマウンテン・Samstagsberg)とも呼ばれ最も高い地点にあり、隣接する尾根間の窪みから約4メートル上にあります。
考古学的発見によると、土曜日の山はすでにカロリング朝時代の壁に囲まれており、その南端はほぼベンダーガッセ(Bendergasse)と旧ゴールドハットガッセ(Goldhutgasse)に沿って市場に出ていました。この壁は、おそらくフランクフルトの王宮の西側から現在のレーマ広場の西端にある湿地の低地まで広がる小さな集落を保護しています。当時、マイン川の支流であるブラウバッハはまだ集落の北を流れていました。
カロリング朝の王の居館は、11世紀にその重要性を失いました。カロリング朝とザクセン朝の一時的な住居としてしばしば使用されましたが、1027年から1140年の間に支配者の訪問が3回だけ記録されています。
12世紀後半、ホーエンシュタウフェン朝(1196年 – 1237年)王宮であるザールホフ(現フランクフルト歴史博物館)は、マイン川のほとりにカロリング朝の王の居館の南西約200メートルに建設されました。また、サルバトル教会はすでに老朽化していたため、城には旧ニコライ教会の前身である城と王室のための小さな礼拝堂も含まれていました。この間、王宮の北側の広場は、王宮と国会議事堂の公の待ち合わせ場所として機能し、広場で馬上槍試合が行われました。
1942年、レーマ広場に消化槽が建設されたときに、壁の厚さが6.20メートル、直径が21.75メートルの巨大なリング状の基礎が発見されました。これは、ザールホフの砦に属していました。ザールホフは、計画された高さ45メートルに到達することはありませんでしたが、1240年頃にはドイツで最も高い塔と言われていました。今日、レーマ広場の舗装に埋め込まれた石の輪は、ホーエンシュタウフェンの防衛塔を連想させます。
1200年頃、広場の東側に最初の家が建てられ、わずか数十年後に残りの側の家が建てられました。この広場は現在、東部の上部町と下部町の境界を示しており、主に職人が居住しており、当初はベルク(Berg)またはアウフ・デム・ベルク(Auf dem Berg)とのみ呼ばれていました。ここで行われている毎週の市場への言及である広場の東部の「土曜日の山」の名前は、1350年頃にバルデマール・フォン・ペッターヴァイル(Baldemar von Petterweil)の地形記録にすでに記述されています。150年以上にわたって作成された旧市街の街路と広場のネットワークは、19世紀末に街路が新設されるまで500年以上にわたってほとんど変化していません。
正義の泉は 1543年から広場にありました。
1943年10月4日にフランクフルトで行われた最初の大規模な空襲で、特にレーマ広場はひどく損傷を受けました。1944年3月22日の爆撃により、旧市街全体が火災となりました。レーマ広場のすべての家屋と大聖堂とレーマーの間の地区全体が燃え尽きましたが、多くの人々が自分自身を救うことができました。ほとんどの建物の中世の丸天井の地下室は、爆弾に耐えました。地下室は1940年から地下ネットワークで接続されており、800人以上が正義の泉の消化槽の隣にある非常口への逃げ道に通じていました。
レーマ広場周辺の建物の再建は1952年に始まりました。1963年6月25日、ケネディ大統領は15万人と話をしました。

1862年からのレーマーベルクの場所と場所の計画

家屋番号 – 16・小さなアーバーマウンテン(Kleiner Laubenberg・最初の記録1381年)、18・GroßerLaubenberg(土曜日の山で最も古い家で、1500年以前に建てられました。)、20・Kleiner Dachsberg、22・Schlüssel、24・Wilder Mann(建物は16世紀に1階のホールを備えたゴシック様式の家として建てられました。1800年頃、大幅に再構築されたか、完全に再構築されました。)、26・ゴールデングリフィン(1562年に建てられ、以前は薬局でした。18世紀に再建され、1981年から可能な限り歴史的に再建されました。)
12・ブラックスター(ブラックスターは、ルネッサンス様式で1610年に建てられました。1944年には石造りの1階しか残っていませんでしたが、その優れたドキュメンテーションにより、元の状態に忠実に再構築できました。各フロアには、12個の窓が隙間なく並んでいます。木組みの装飾は、階ごとに異なります。現在、建物内にレストランがあります。)

カロリング朝の壁のコース

「レーマーベルクと土曜日の山、旧ニコライ教会からの眺め」・wikipedia-photo、「土曜日の山(Ostzeile)、1980年代からの再建」・wikipedia-photo、「レーマ広場の西側、夜の市庁舎と正義の泉」・wikipedia-photo、2011年の家の列・wikipedia-photo、黒い星・wikipedia-photo]

レーマー広場 – Google Map 画像リンク」「正義の泉 (ジャスティス ファウンテン) – Google Map 画像リンク

カメラ位置はレーマ広場で、カメラ北西方向が市庁舎(レーマー)です。

カメラ位置はレーマ広場で、カメラ東北東方向が再建された木組みの家です。

カメラ東北東方向がブラックスター(黒い星)です。

正義の泉 (ジャスティス ファウンテン)

レーマ広場黄昏のカメラです。

レーマ広場クリスマスマーケットのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*