旧オペラ座

マーカーは旧オペラ座です。

旧オペラ座
[旧オペラ座(Alte Oper Frankfurt、アルテ・オーパー)は、ドイツフランクフルト市にある、かつてのオペラハウス、現在のコンサートホールである。
1880年、ベルリンの建築家Richard Lucaeによって、歴史主義建築ネオ・ルネサンス)様式の歌劇場として完成した。客席数は2010。こけら落としは1880年10月20日に行われ、ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世と皇太子(のちのフリードリヒ3世)らが見守る中、モーツァルトの歌劇『ドン・ジョバンニ』が上演された。
その後、第二次世界大戦で破壊されるまでの間に、ワーグナーの最新作や、リヒャルト・シュトラウスプッチーニなどの著名なオペラが次々に上演された。また、カール・オルフの『カルミナ・ブラーナ』は1937年にこの劇場で初演された。
1944年3月22日夜中の空爆によって、この建物は廃墟となった。ドイツ一美しいと言われたこの廃墟は、市民の抗議や寄付金によって撤去をまぬがれ、再建された。外部は忠実に元の姿で復元されたが、内部は従来の歌劇場としてではなく、多用途に使えるモダンなコンサートホールとなった。
旧オペラ座・wikipedia-photo、夜の旧オペラ座・wikipedia-photo、1943年・wikipedia-photo、廃墟となっていた時代(1958年)・wikipedia-photo  (wikipedia・旧オペラ座より)]

カメラ北方向が旧オペラ座です。

旧オペラ座ステージ上の360citiesです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*