考古学の庭

マーカーは考古学の庭です。

考古学の庭(Kaiserpfalz Franconofurd)
[現在(2013年)、大聖堂前には、ローマ時代カロリング朝時代(751年 – 987年)の出土品が発掘された考古学の庭(Archäologischer Garten (Frankfurt am Main))がある。
考古学の庭 ・wikipedia-photo  (wikipedia・フランクフルト・アム・マインより)]

[フランクフルト・アム・マインのかつての考古学庭園は、1972/73年にDom /Römer地下鉄駅が建設されたときに建てられました。Dom-Römerプロジェクトの一環として、発掘物を天候から保護し、恒久的にアクセスできるようにするため、2013年から2016年にかけて市場にタウンハウス(Stadthaus am Markt)を備えた考古学庭園が建設されました。2018年8月、タウンハウスの地下での展覧会は、新しい名前王宮フランコノフールド(Kaiserpfalz Franconofurd)でフランクフルト考古学博物館の支店として再開されました。
新しい建築と博物館のデザインに残っている建物を提示します
●フランクフルト大聖堂の丘にある古代ローマの遺跡(Römische Niederlassung auf dem Frankfurter Domhügel)
メロヴィング朝の宮廷
●カロリング・オットー王室のフランクフルト宮殿
●中世後期のセラー
この展示場には、2012年から2014年までの最新の発掘調査の結果に基づいて設計された、高さ約2メートルのカロリング朝の王宮のブロンズモデルが含まれています。いわゆるライブ画像と呼ばれる2枚の大判3Dグラフィックスは、西暦150年頃のローマの道の駅と860年頃のカロリング朝様式の詳細なデジタル再構成を示しています。
「Franconofurd」という名前は、都市の最も古い文書化された記述にある綴りに遡ります。これは、フランク王カール大帝(在位:768年 – 814年)によって、794年2月22日にさまざまな畑や牧草地をレーゲンスブルクの聖エメラム修道院(Kloster St. Emmeram)に与えた証明書です。これはおそらく、王宮以前の建物で作られたものです。794年6月、カール大帝の招待で、フランク王国の高位の教会代表がフランクフルト会議(Synode von Frankfurt 794)に集まりました。
2012年11月、考古学的な庭全体が建設中にシステムを保護するために上屋で覆われました。以前の、準備作業中に、9世紀からの王宮とサルヴァトール教会(大聖堂の前身)の間の15メートルの「王道」の壁の基礎と残骸が1950年代以来初めて発見されました。2013年3月/ 4月に壁部分を露出する中間段階の後、2013年5月に遺跡の上に木製のフードが設置され、その後のサイト開発のための最後の保護手段として使用されました。 最終的に、新しい建物が完成し、基礎が建物の下の部屋に展示物として統合されました。
大聖堂の塔から考古学庭園への眺め、2011年9月・wikipedia-photo、カテドラルタワーから、考古学庭園を保護する市場のタウンハウスを見る・wikipedia-photo]

考古学の庭 – Google Map 画像リンク」「Stadthaus am Markt – Google Map 画像リンク

大聖堂の塔上から見たStadthaus am Markt

工事中のStadthaus am Markt前のカメラです。

考古学の庭のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*