フランクフルト考古学博物館

マーカーはフランクフルト考古学博物館です。

フランクフルト考古学博物館(Archäologisches Museum Frankfurt)
[フランクフルト考古学博物館(2002年までの歴史博物館)は、考古学的に重要な時代のフランクフルト・アム・マインの歴史を説明しています。また、中東の展示とアンティークコレクションもあります。
博物館は、フランクフルトの旧市街の西部にある旧カルメル会修道院にあります。メインの入り口は、アルテ・マインツァー・ガッセ(Alte Mainzer Gasse)とカルメリッターガッセ(Karmelitergasse)の角にあります。地下鉄Uバーンウィリー・ブラント・プラッツ(Willy-Brandt-Platz)駅、同じ名前のトラムの停留所、Paulskirche /Römerの停留所から徒歩圏内です。施設にはエレベーターと身体障害者用トイレがあり、ベル(エレベーターを使用するための)がKarmelitergasse 1の従業員の入り口にあります。
博物館は、フランクフルト歴史博物館の考古学部から独立した研究所として、1937年6月22日に設立されました。当初は、地元の先史時代と初期の歴史の博物館の名前が付けられました。ドミニコ会修道院(Dominikanerkloster Frankfurt am Main)で5年間過ごした後、博物館は第二次世界大戦のために1942年6月22日に閉鎖しなければなりませんでした。所蔵品の一部は外部保管され、別の一部は図書館とともに1944年の空襲の犠牲となりました。終戦後、最初の館長カール・ヴェルケ(Karl Woelcke)が引退したとき、博物館はフランクフルト歴史博物館と統合されましたが、1952年にハインリッヒ・ビンゲマー(Heinrich Bingeme)歴史博物館の館長の主導で独立機関として継続されました。1953年、ホルツハウゼン宮殿(Holzhausenschlösschen)を博物館としました。1954年10月30日、新しい監督のウルリッヒ・フィッシャー(Ulrich Fischer)は、1階と階段でフランクフルトの考古学に関する展示会を開きました。この展覧会は、1976年にドイツ騎士団(Deutschordenskirche (Frankfurt am Main))のニーダ・ヘッデンハイム(Nida-Heddernheim)の常設展によって、1977年に歴史博物館で、旧市街の発掘に関する歴史博物館の展示と一緒に補足されました。この時期のラインマイン地域の多くの建築プロジェクトと博物館の発掘作業により、ホルツハウゼン宮殿の敷地はもはや十分ではありませんでした。フィッシャーの後継者であるウォルター・マイヤー・アーレント(Walter Meier-Arendt)のもと、1984年から1988年にかけてカルメル会修道院に新しい建物が建設され、南の歴史的な修道院建物に隣接しています。建築家ヨーゼフ・ポール・クライフエス(Josef Paul Kleihues)によって計画されました。 歴史博物館にある旧市街の発掘展示と博物館が管理する野外施設を除き、すべてのコレクションが再び1か所にまとめられています。
博物館の入り口エリア(2008)・wikipedia-photo、カルメル会のアプス(2005)・wikipedia-photo]

ドイツ旅行 フランクフルトの考古学博物館 / ほとんど一人旅」「ライン・マイン紀行 フランクフルト考古学博物館編 | 此処彼処見聞 …

フランクフルト考古学博物館 – Google Map 画像リンク」「Carmelite Monastery – Google Map 画像リンク」「Institut für Stadtgeschichte Frankfurt am Main im Karmeliterkloster – Google Map 画像リンク

カメラ位置はアルテ・マインツァー・ガッセ(Alte Mainzer Gasse)/カルメリッターガッセ(Karmelitergasse)交差点で、カメラ北西方向に考古学博物館入口があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*