ポズナン大聖堂

マーカーはポズナン大聖堂です。

ポズナン大聖堂
[大聖堂の歴史は10世紀にまでさかのぼることができます。聖堂自体は第二次世界大戦で被害を受け、荘厳なゴシック様式で再建されていますが、その基礎部分は建築当初のものです。主聖壇(1512)は、中心には聖母マリア聖カタリーナ聖バルバラが描かれた後期ゴシック期の作品で、1952年にグラ・シロンスカから移されてきました。内部に数ある礼拝堂のなかでもエキゾチックな雰囲気を持つビザンチン様式の金の聖堂は有名で、1834年よりピアスト王朝(960年頃から1370年まで)の初代王たちの廟となっています。ポズナン大聖堂のなかでも文化財としての価値が非常に高いのは15世紀に描かれた5枚の装飾画。第二次世界大戦中に何者かによって持ち去られていたものが、1990年代になってロシアエルミタージュ博物館で見つかり戻ってきました。
所在地:Ostrów Tumski 17
拝観時間:9:00-18:00(礼拝中は入場不可)  (「懐古的ポーランドの旅|メトロガイド」より)]

ポズナン大聖堂前のカメラです。

ポズナン大聖堂拝廊のストリートビューです。

ポズナン大聖堂拝殿前のストリートビューです。

ポズナン大聖堂博物館のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*