アイザック・シナゴーグ(Izaak Synagogue)

マーカーはアイザック・シナゴーグ(Izaak Synagogue)です。

アイザック・シナゴーグ(Izaak Synagogue)
[アイザック·・シナゴーグ(Izaak Synagogue or Isaac Synagogue)は、ポーランドクラクフ、カジミェシュ地区にある、1644年に建てられたシナゴーグです。シナゴーグはFrancesco Olivierriによって設計されました。シナゴーグは、カジミェシュ地区のユダヤ人コミュニティの会長、シナゴーグの資金提供者でヴワディスワフ4世_(ポーランド王)への支援銀行家でもあった、Izaak Jakubowiczにちなんで名付けられました。JakubowiczはRemuh墓地に埋葬されている。
1939年12月5日、ゲシュタポがクラクフのユダヤ人評議会事務所に来て、ユダヤ人評議会の律法の巻物を燃やすよう、その日当番のユダヤ人の役人マクシミリアン・レートリヒ(Maximilian Redlich)命じた。レートリヒが拒否すると、彼は射殺された。ドイツ・ナチスビーマー(bimah)と聖櫃(Aron Kodesh.)含む内装や家具を破壊した。
戦後、建物は展示スペース、ワークショップスペース、劇団や彫刻と保全アトリエとして使用されました。1981年に火災により内部がダメージをうけた。1983年のポーランドの共産主義の崩壊とともに、1989年に改修が開始され、建物はユダヤ人社会に戻され、再度現役の正統派_(ユダヤ教)のシナゴーグとなった。「アイザック・シナゴーグ」・wikipedia-photo]

カメラ東北東方向がアイザック・シナゴーグ(Izaak Synagogue)です。

アイザック・シナゴーグ(Izaak Synagogue)内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*