クラクフ中央市場広場

マーカーは織物会館です。

クラクフ中央市場広場
[クラクフの歴史は、ポーランド王国の成立以前にまでさかのぼり、伝承によれば8世紀には成立していたと推測される。10世紀にはアンダルスイベリアの後ウマイヤ朝イスラム帝国)のユダヤ人記録家イブン・ヤクブ(英: Ibrâhîm ibn Ya`qûb)がこの地方を訪れ、ボヘミアの版図にある交易都市としてクラクフに言及している。その後正式にクラクフにおけるポーランド王国(ピアスト朝)の主権が確立し、首都機能がポズナンからクラクフに移ってからはポーランド最大の都市として発展していった。13世紀にモンゴルの襲撃でいったん破壊された。しかし復興は順調に進み、14世紀よりクラクフは最盛期を迎え、1364年、カジミェシュ3世によってヤギェウォ大学(クラクフ大学 – コペルニクスが大学生として通った大学として知られる。ポーランド最古の大学)が創設され、それからも織物取引所聖マリア教会などが建てられていった。  (wikipedia・クラクフより)]

[中央市場広場の中央に織物会館(織物取引所)があり広場周辺には、国立美術館、聖マリア教会、アマム・ミツキエヴィッチ像 、聖ヴォイチェフ教会、旧市庁舎 の塔、クラクフ文化会館 、クラクフ歴史博物館 がある。  (「クラクフ地図」より)]

[クラクフの中央広場のもうひとつの新しい見どころ―それは2010年に中央広場にオープンした地下博物館です。
広大な中央広場の高さはなぜ時代とともに変わっていったのか、昔、あたりに住んでいた人々の生活はどうだったのかなど、考古学的な観点からクラクフの歴史を知ることができるこの博物館は、3Dやマルチメディアの導入で体験型の博物館として今注目のスポットになっています。地下4メートルの深さに広がる4000㎡の世界は過去から現在、そして現在から未来という時空を超えた体験ができるミステリーゾーン。  (「クラクフ地下博物館」より)]

カメラ位置はクラクフ中央市場・南東広場中央付近です。

カメラ位置はクラクフ中央市場・北西広場中央付近です。

織物取引所屋上デッキからのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*