クラクフ本駅

マーカーはクラクフ本駅です。

クラクフ本駅(クラクフ中央駅)
[クラクフ中央駅(Kraków Główny)は、ポーランドの都市クラクフにおいて中心的役割を果たすポーランド国鉄(PKP)の鉄道駅。全ての種類の列車が停車する。Aクラス(駅の規模などに準じてランクがつけられる)の駅に分類されている。当駅発の寝台列車によって、チェコプラハオーストリアウィーンハンガリーブダペストウクライナリヴィウなどと結ばれている。また、クラクフとワルシャワの間にC.M.K高速線が敷設されたため、両都市間が約3時間弱で結ばれるようになった。国内においても鉄道輸送の要となる駅で、東西南北の主要駅を結んでいる。ホームが5面ある。
駅舎(2007年6月17日)・wikipedia-photo、ホーム全景・wikipedia-photo  (wikipedia・クラクフ中央駅より)]

[かつてバスターミナルだった駅の隣の敷地には、最近Galeria Krakowskaという名のショッピングモールが建ちました。こちらはH&MやSaturnなど、中身はベルリンのと大差ないのでわざわざ紹介する気にはなりません。それとは対照的に、ノスタルジックな雰囲気の駅の窓口(画像リンク)。中でもびっくりしたのが、「ちょっとお茶でも」と思って入った待合室横のカフェの内装(画像リンク)です。これはおそらく、クラクフがオーストリア領だった19世紀末から20世紀初頭にかけての建築ではないでしょうか。列車の発車の時間まで、カプチーノを飲みながら「中欧」の奥深さにしばし感じ入っていました。  (「クラクフの旧市街と中央駅」より)]

カメラ南東方向がクラクフ本駅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*