クラクフ国立博物館本館

マーカーはクラクフ国立博物館本館です。

[Google アートプロジェクト] – 「クラクフ国立博物館本館

クラクフ国立博物館本館(英語:National Museum, Kraków、ポーランド語:Muzeum Narodowe w Krakowie)
[クラクフ国立博物館は、1879年に設立され、全国に固定コレクションとして、いくつかの独立した分館を持つポーランドの国立博物館の本館です。博物館は展示・管理方法により21部門で構成されています(11ギャラリー、2ライブラリー、および12保全ワークショップ)。クラクフ国立博物館はポーランドの絵画を中心に、古典考古学から現代美術にわたり、約780,000アートのオブジェクトを保持しています。
クラクフ国立博物館は最初、クラクフ旧市街の中央市場広場に位置し、今では市内で最も人気のある一つであるルネッサンス様式の織物取引所(Sukiennice)の建物の2階に収容されました。3 Maja Streetに位置する、現代的な博物館の新本館の建設は1934年に始まりましたが、第二次世界大戦によって中断されました。完成したのはソ連崩壊後の1992年です。第二次世界大戦により、コレクションがナチス・ドイツファシストの侵略者によって略奪されましたが、戦後ポーランド政府はドイツに押収された作品の多くを返還を受けました。しかし、まだ1,000人以上の作品が未回収のままです。合計で数十万項目からなるコレクションは、管理事務所が置かれている本館に大きな部分に保存されているだけでなく、都市の周り9箇所にも保存されています。
3 Maja Streetの本館では、ポーランド有数の現代のアーティストによる約500作品を展示しています。また、織物取引所(Sukiennice)では、19世紀のポーランドのアートのギャラリーとして、彫刻含むYoung_Poland_Movementの絵画のいくつかのコレクションを展示しています。
クラクフ国立博物館・wikipedia-photo]

[(2019/12/18)クラクフの国立美術館に一時的に保管されていたダ・ヴィンチの名画「白貂を抱く貴婦人」がこのたび移転し、チャルトリスキ公爵美術館に移されました。  (「ポーランド政府観光局のBLOG」より)]

クラクフ国立美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がクラクフ国立博物館本館です。

カメラ初期設定方向がクラクフ国立博物館本館前のストリートビューです。

クラクフ国立博物館本館内のストリートビューです。

カメラ初期設定方向中央、ヤチェク・マルチェフスキ作『Self-portrait with the Vistula in the Background』(1901年)

オルガ・ボズナンスカ作『Portrait of Paul Nauen』(1893年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*