ゲットーの英雄広場

マーカーはゲットーの英雄広場です。

ゲットーの英雄広場
[クラクフ・ゲットーは、歴史的なユダヤ人地区であったカジミエジュ地区ではなく、ヴィスワ川の対岸のポドグジェ地区(Pod Górze)に設けられました。そのためカジミエジュ地区に住んでいたユダヤ人の家族は、家財道具をすべて大八車に詰め込み、ヴィスワ川にかかる橋をわたってゲットー地域へと移ることになりました。住む家だけでなく、商店、学校などユダヤ人に属するものはすべてゲットーに移転となりました。ユダヤ人学校の生徒が、一人ひとつずつ教室のイスをもって移動している様子を映した記録フィルムはあまりにも有名です。2005年12月には、そのシーンにちなみ、イスをモチーフにした記念モニュメントが、ゲットーの英雄広場に設置されました。  (「『映画 『シンドラーのリストの世界』 クラクフ・ゲットー、シンドラー … 」より)]

[英雄広場。場所はトラムのPlac Bohaterow Getta停留所の真ん前。 第二次世界大戦中、ユダヤ人は強制的にゲットーへ移住させられましたが、 その時にユダヤ人学校の生徒が、1人1つずつ教室の椅子をもって 移動しました。その様子を撮影した 有名なフィルムがあるそうです。それにちなんで、2005年12月に椅子を モチーフにしたモニュメントが、ゲットー英雄広場に設置されました。  (「つくなわ・ドットコム 海外旅行 ポーランド~チェコ 滞在記 第2日目」より)]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*