ハイ・シナゴーグ(High Synagogue)

マーカーはハイ・シナゴーグ(High Synagogue)です。

ハイ・シナゴーグ(High Synagogue)
[ハイ・シナゴーグは、ポーランドクラクフ、カジミェシュ地区にある、活動休止中の正統派_(ユダヤ教)シナゴーグである。それは市内で最も高いシナゴーグだったために、何世紀にもわたって高(またはトール)シナゴーグと呼ばれていました。シナゴーグは、1556年から1563年に建てられました。建築様式はアルプス北方に共通(最も顕著な網目模様が、カーンの聖ピエール教会に似ている)している、ルネサンス様式であるように思われる。建物はカジミェシュ地区に三番目に設立されたシナゴーグで、もともと、一階が店舗で、祈りの部屋は二階に位置にありました。シナゴーグ内壁には、”ダビデ王の墓”、”嘆きの壁“と女性の集会所内の一対のりりしいライオンの場面を含むエルサレムの聖域絵画が描かれていました。
第二次世界大戦ナチス・ドイツは、ポーランド占領中に、シナゴーグの内部すべてを剥ぎとり、天井と屋根も破壊しました。
現時点において、石造りの聖櫃(Aron Kodesh)、壁の絵画が芸術性の保全のまま、21世紀初頭に発見されました。また、最上階の切妻の窓、シナゴーグの天井と屋根が進行中の修理の一環として、2008年に改修されました。建物は保全すべきランドマークの建物として位置づけられています。
2005年以来、ハイ・シナゴーグは観光客に開放され、第二次世界大戦間期のユダヤ人社会の習慣や伝統についての写真やその他の展示物を屋内展示されています。
ハイシナゴーグ・wikipedia-photo、「保全時に漆喰の下から発見された、古代の経典」・wikipedia-photo]

カメラ北方向がハイ・シナゴーグ(High Synagogue)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*