レーム・シナゴーグ(Remuh Synagoga)

マーカーはレーム・シナゴーグ(Remuh Synagoga)です。

レーム・シナゴーグ(Remuh Synagoga)
[レーム・シナゴーグ(ポーランド語:Synagoga Remuh)は、ヘブライ語の頭字語REMAで知られ、ラビ・モーゼス・Isserles(Moses Isserles c.1525-1572)にちなんで命名された。レーム・シナゴーグはクラクフのカジミェシュ地区のすべての歴史的シナゴーグの中で最小のシナゴーグです。1557年にルネサンス建築で建設された、正統派_(ユダヤ教)のシナゴーグです。現在、クラクフ市内で唯一のアクティブなシナゴーグです。クラクフの旧ユダヤ墓地はシナゴーグの隣に位置しています。「レーム・シナゴーグ」・wikipdia-photo]

カメラ西南西方向がレーム・シナゴーグ(Remuh Synagoga)です。

レーム・シナゴーグ(Remuh Synagoga)祭壇前のカメラです。

レーム・シナゴーグ(Remuh Synagoga)中庭のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*