旧市庁舎の塔

マーカーは旧市庁舎の塔です。

旧市庁舎の塔(Town Hall Tower)
[市庁舎塔(ポーランド語: Wieża ratuszowa w Krakowie)は、ポーランドクラクフのオールドタウン地区中央市場広場(Main Market Square)にある、クラクフの主なランドマークの一つである。タワーは、メイン広場を開放する都市計画の一環として、1820年に解体された旧市庁舎の唯一の残りです。その地下室は、かつて中世の拷問部屋を備えた市の刑務所に利用されました。
13世紀の終わりに石とレンガで造られた、大規模なゴシック初期の70メートルの高さの市庁舎の塔は、1703年の嵐により55センチメートル傾いている。塔を飾るオリジナルのゴシック尖塔は1680年に落雷による火​​災で消失し、タワーの再建は1683~1686年に行われた。再建は王室建築家ピョートルBeber( Piotr Beber)が監督し、彼は新たに、印象的なバロック建築の尖塔を設計し再建した。しかし1783年尖塔が崩れ始め、大司教Kajetan Sołtyk により、小さい構造に置き換えられました。
現在塔はクラクフ歴史博物館の一部門として、マーケット・スクエアの展示場として写真の常設展示を行っています。塔の最上階展望台は観光客に開放されている。
市庁舎塔・wikipedia-photo、Franciszek Smuglewiczによって描かれた1797年の市庁舎・wikipedia-photo]

カメラ東方向が旧市庁舎の塔です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*