織物取引所

マーカーは織物取引所です。

織物取引所
[織物取引所は、14世紀に建てられたルネサンス様式の建物で、長さは100mもあります。その名の通り、当時は衣服や布地、織物の交易所でした。現在では、1階の内部は、民芸品やアクセサリーなどを売るお土産物屋が並んでいて、2階は、18~19世紀のポーランド絵画が充実している国立美術館となっています。  (「織物会館 – tomopfcのヨーロッパ旅行記 – Yahoo!ブログ」より)]

カメラ南南西方向が織物取引所です。ストリートビューで織物取引所内に入れます。

織物取引所内のカメラです。

カメラ北北東方向が織物取引所のストリートビューです。

カメラ東方向が織物取引所です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*