聖ヴォイチェフ教会

マーカーは聖ヴォイチェフ教会です。

聖ヴォイチェフ教会(Church of St. Adalbert)
[聖アダルベルト教会または聖ヴォイチェフ教会(ポーランド語:Kościół św. Wojciecha )は、ポーランドクラクフのオールドタウン中央市場広場(Main Market Square)にある、ポーランドで最古の石造りの教会の一つである。そのほぼ千年の歴史は、中世初期のポーランドのロマネスク建築の初期にさかのぼります。
教会は11世紀に建てられ、殉教の宣教師・聖アダルベルト(英語:Saint Adalbert 、ポーランド語:św. Wojciech )の名にちなんで名付けられた。
クラクフの考古学博物館によると、最も古い遺物は、11世紀に建設された教会の石壁の下の部分に、10世紀の終わりに建てられた木造の構造が見られる。クラクフの初期の歴史の中で聖ヴォイチェフ教会は、ヨーロッパ全土からの走行商人が訪れて礼拝の場所だった。その後、市民や貴族たちの礼拝の場所となった。
中央市場広場のレベルが2〜2.6メートル上昇した高さで新しい舗装がなされため、教会の壁は17世紀にまで嵩上げされた漆喰で覆われていた。教会は、部分的に1611~1618年の間にバロック建築で再建され、新しい入り口は西向きに建てられ、新たにバロックドームが増設されました。また、教会の修復は19世紀に行われ、ロマネスク様式の過去の発見につながった。
「聖ヴォイチェフ教会の表玄関の周囲に古代の石積みが、化粧漆喰によって覆われている。」・wikipedia-photo、教会内・wikipedia-photo、「聖アダルベルト、鳥瞰図の教会」・wikipedia-photo]

聖ヴォイチェフ教会 – Google Map 画像リンク

クラクフ中央市場広場・南東広場の鳥瞰カメラです。

カメラ東北東方向が聖ヴォイチェフ教会です。

聖ヴォイチェフ教会正面ファザードのカメラです。

聖ヴォイチェフ教会正面入り口のカメラです。

聖ヴォイチェフ教会内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*