ウルスキ家とチェトゥヴェルティニスキ家の宮殿(ワルシャワ大学地理学部)

マーカーはウルスキ家とチェトゥヴェルティニスキ家の宮殿(ワルシャワ大学地理学部)です。

ウルスキ家とチェトゥヴェルティニスキ家の宮殿(ワルシャワ大学地理学部)
[A.ゴウォニスキの設計を基に1844~47年に建設され、1855年には2人目の所有者・貴族チェトゥヴェルティニスキ家の邸宅となりました。しかしワルシャワ蜂起後にナチス・ドイツによって焼き払われ、1949~51年にはワルシャワ大学の地理・地域研究学部のために復元されました。  (「ワルシャワ観光案内所のサービスについて – Warszawa]」より)]

カメラ東北東方向がウルスキ家とチェトゥヴェルティニスキ家の宮殿です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*