オストログスキ家の宮殿(ショパン博物館)

マーカーはオストログスキ家の宮殿(ショパン博物館)です。

オストログスキ家の宮殿(ショパン博物館)

[Google アートプロジェクト] – 「ショパン博物館

[フレデリック・ショパン博物館の本館は、ティールマン・ファン・ハメレン(Tielman van Gameren)の設計を基にバロック建築新古典主義建築で17世紀に建設された、ヴィスワ川の傾斜面に堂々と聳え建つ貴族オストログスキ家の宮殿(Zamek Ostrogskich)にあります。博物館の展示は世界最大規模のフレデリック・ショパンに関する遺品のコレクションを誇っています。 その中にはショパン自筆の楽譜原稿やコメントのある作曲作品の初版、それからショパンの知人の作曲家たちの肉筆の楽譜原稿や出版された楽譜、ショパンの手紙、ショパン自身と家族の肖像画(油絵、版画、写真、彫刻、勲章)など、ショパンの生涯とその作品に直接・間接的に関係のある様々な遺品をご覧いただけます。  (「ワルシャワ観光案内所のサービスについて – Warszawa」より)]

カメラ東南東方向がショパン博物館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*