カノニア(司教座聖堂参事会員の住居)

マーカーは青銅の鐘です。

カノニア(司教座聖堂参事会員の住居)
[17世紀にこの三角形の広場の周りにワルシャワ司教座聖堂参事会員の住居が建設されたことから、この名が付けられました。また18世
紀に作られたバロック様式の聖母像は、以前ここにあった教区墓地に立っていたものです。広場の中心には、J.M.ダニウォヴィチ王室会計局長官の支援で、ヤロスワフ(Jarosław)にあるイエズス会の教会用として1646年に鋳造された青銅の鐘が置かれています。  (「ワルシャワ観光案内所のサービスについて – Warszawa]」より)]

カメラ東北東方向に青銅の鐘が置かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*