キュリー夫人博物館

マーカーはキュリー夫人博物館です。

キュリー夫人博物館
[マリの生誕地。ワルシャワのニュータウン(Warsaw_New_Town)にあり、現在はマリア・スクウォドフスカ=キュリー博物館(Maria Skłodowska-Curie Museum)となっている。wikipedia-photo    (wikipedia・マリ・キュリーより)]
キュリー夫人博物館は物理学者·化学者マリ・キュリーの生誕100年に、ポーランドの化学会で、1967年に設立されました。1934年にマリ・キュリーの死後、、彼女の画期的な科学的発見記念板が彼女の誕生を記念して、建物に取り付けられた。第二次世界大戦中のワルシャワ蜂起(1944年)により、建物が意図的にドイツ軍によって破壊されますが、記念板は存在し、建物が再建された後に元の場所に戻されました。博物館は、火曜日から日曜日にオープンしており、毎週月曜日とポーランドの祝日は休みです。
「発祥の地の壁画は、第二のノーベル賞100周年記念で2011年に描かれた。(幼児)マリアから、彼女が発見した要素が出てくる壁画ショー」・wikipedia-photo、博物館での展覧会・wikipedia-photo]

マリ・キュリー

グーグル・アート・プロジェクト – 文化における女性たち – 「musée Gurie

グーグル・アート・プロジェクト – 歴史上の人物 – 「Marie Gurie

[マリア・スクウォドフスカ=キュリー(Maria Skłodowska-Curie, 1867年11月7日 – 1934年7月4日)は、現在のポーランドポーランド立憲王国)出身の物理学者・化学者。フランス語名はマリ(マリー)・キュリー(Marie Curie)。ワルシャワ生まれ。キュリー夫人(Madame Curie)として有名である。放射線の研究で、1903年のノーベル物理学賞、1911年のノーベル化学賞を受賞し、パリ大学初の女性教授職に就任した。放射能 (radioactivity) という用語は彼女の発案による。
生誕時の名前はマリア・サロメ・スクウォドフスカ(スクロドフスカ)(Maria Salomea Skłodowska)。父ブワディスカ・スクウォドフスキ(スクロドフスキー)は下級貴族階級出身で、帝政ロシアによって研究や教壇に立つことを制限されるまではペテルブルク大学で数学と物理の教鞭を執った科学者 。父方の祖父ユゼフも物理・化学の教授であり、ルブリンで若い頃のボレスワフ・プルフ(Bolesław Prus)も師事した。母ブロニスワバ・ボグスカも下級貴族階級出身で、女学校(ボーディングスクール)の校長を勤める教育者だった。
マリは5人兄弟の末っ子で、姉ゾフィア(1862年生)、ブロスニワバ(母と同名、1865年生)、ヘラ(1866年生)、兄ユゼフ(祖父と同名、1863年生)。その中でもマリアは幼少の頃から聡明で、4歳の時には姉の本を朗読でき、記憶力も抜群だった。
だが当時、ポーランドはウィーン会議にて分割され、ワルシャワ公国はポーランド立憲王国として事実上帝政ロシアに併合された状態にあり、独立国家の体をなしていなかった。帝政ロシアは知識層を監視して行動に制約をかけた。マリ6歳の時、父ブワディスカが密かに講義を行っていたことが発覚して職と住居を失った。さらに母ブロニスワバも身体を壊してしまった。投機への失敗も重なり貧窮した一家は移り住んだ家で小さな寄宿学校を開いたが、1874年に生徒が罹患したチフスが一家に移り、姉ゾフィアが亡くなった。1878年には母ブロニスワバが結核で他界した。14歳のマリは深刻な鬱状態に陥り、母に倣ったカトリックの信仰を捨て、不可知論の考えを持つようになったという。  (wikipedia・マリ・キュリーより)]

カメラ北北東方向がキュリー夫人博物館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*