サピェハ家の宮殿

マーカーはサピェハ家の宮殿です。

サピェハ家の宮殿(Sapieha Palace)
[サピェハ家の宮殿は(ポーランド語:pałac Sapiehów w Warszawie)、ポーランドワルシャワ、ワルシャワ新市街地区にある宮殿の一つである。建物の名前が付与されている、時の権力者・サピェハ家によって開始され、建物は現在、環境保護学校コンプレックスが利用している。
宮殿は、リトアニア大公国の宰相ヤン・フレデリック・サピェハ( Jan Fryderyk Sapieha)の委嘱 を受けた、Johann Sigmund によって1731年から1746年にロココ建築様式で建てられた。サピェハ家の宮殿は1818~1820年にはサピェジニスキェ兵舎(Koszary Sapieżyńskie)として改修され、1830~831年の11月ワルシャワ蜂起で戦ったことで有名なポーランドの、チュヴァルタクフ歩兵連隊(Pułk Pieszy Czwartaków)の兵舎として使用された。
宮殿は、ドイツの占領軍によって1944年に破壊され、Maria Zachwatowiczowaによって1950年に再建された。
「1770年ベルナルドベロット作の絵画・宮殿の右側セント メアリー教会が見える。」・wikipedia-photo、現在のサピェハ家の宮殿・wikipedia-photo]

カメラ東北東方向がサピェハ家の宮殿です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*