アッシジの聖フランチェスコ教会 (フランシスコ会)

マーカーはアッシジの聖フランチェスコ教会 (フランシスコ会)です。

アッシジの聖フランチェスコ教会 (フランシスコ会・Church of St Francis in Warsaw) 
[1679~1733年に数回に分けて、J.ツェローニとJ.フォンタナの設計を基に建設されたこの教会はバロック建築です。その隣には1727年に建てられた修道院があります。  (「ワルシャワ観光案内所のサービスについて – Warszawa]」より)]

[ワルシャワの聖フランシス教会は、ワルシャワのニュータウンにあるフランシスコ会修道院に隣接する教会です。
ワルシャワのフランシスコ会は他のポーランドの他の都市と比較して設立が遅く、1646年に設立されました。会は、ポーランド王ヴワディスワフ4世(在位:1632年 – 1648年)の牧師であるイタリアのフランシスコ会、ビンセント・スカピタ(Vincent Skapita)によってもたらされました。信仰者で王室の秘書であるヤクブソ・スノウスキ(Jakub Sosnowski)が広場を寄付し、政治家のジグムント・ヴィブラノウスキ(Zygmunt Wybranowski)が教会を寄付し、2人はワルシャワに教会とフランシスコ会修道院を設立することを決めました。王は1645年11月6日にこれに同意し、ポズナン・アンジェイ・ゾウドスキ(Poznan Andrzej Szołdrski)司教は1646年4月16日に正規免許を発行しました。
小さな財産は、PrzyrynekとWójtowskiの角に位置し、同じ年に修道士はザクロツィムスカ(Zakroczymska)近くの現在の場所と土地を交換しました。1646年、聖母マリア聖アンソニーに捧げられた2つの礼拝堂を備えた小さな木造の教会が建てられ、最初の司祭はビンセント・スカピタ(Vincent Skapita)神父でした。聖職者カタラーニ(Catallani)は、1648年に修道院を設立し、若い宗教学生のための高等教育を授けました。ワルシャワの商人であるデビッドミンサー(David Mincer)は、1647年7月12日にワラの(現在の)ワルシャワ地区に広場を寄付しました。教会はスウェーデン(バルト帝国)の侵攻中(北方戦争・1654年 – 1660年)に焼失しました。1662年から1663年までの再建後、教会は現在の建物の推進を図りました。
1679年から1691年まで、ジョヴァンニ・バッティスタ・チェロニ(Giovanni Battista Ceroni)による最初の草案によって、聖職者と慰めの聖母の礼拝堂の反対側に、クワイヤと隣の部屋だけが建てられました。1700年にチェロニは何とかメイン通路の基礎を築きましたが、1708年のチェロニの死により仕事は中断されました。
建設は1713年に再開されました。チェロニのプロジェクトは、カロル・ベイ(Karol Bay)によってわずかに変更され、通路にかかる角に斜めの柱が導入されました。建設管理は、ヨーゼフ・フォンタナ(Józef Fontana)と彼の息子、ヤクブ(Jakub)に委ねられました。 1737年、教会は司教スタニスラウス・ホシウス(Stanislaus Hosius)によって奉献されました。
1746年から1749年にかけて、聖三位一体に捧げられた西礼拝堂がアントニオ・ソラリ(Antonio Solari)の設計建てられ、1788年にジュゼッペ・ボレッティ(Giuseppe Boretti)がファサードを再建しました。
19世紀の初めから、修道院は(特に刑務所、孤児院、ワルシャワ聖職者アカデミーを収容した)の変遷を経過しました。
当時ナポレオン戦争中の1807年にはナポレオンによってワルシャワ公国が建国された。ナポレオンの退位後のウィーン会議で、ウィーン議定書が締結され、それに基づきワルシャワ公国は解体され、その4分の3をロシア皇帝の領土としたうえで、ロシア皇帝が国王を兼務するポーランド立憲王国を成立させた。
修道院は1864年に閉鎖され、これは教会がロシア軍で奉仕するカトリック教徒のための礼拝所へと変貌したことに関連しており、修道院の場所にロシア皇帝は子供のための孤児院を設置しました。 フランシスコ会は、第一次世界大戦後に教会と建物の一部を取り戻しました。
1940年11月から1941年12月まで、教会はワルシャワゲットーの北東端にありました。
ワルシャワ蜂起の勃発後、教会はナチス・ドイツ軍により爆撃され、地下室に隠れていた40人が殺されました。
部分的に破壊された説教壇は、瓦礫から回収され再建されました。さらに、17世紀および19世紀のバロック建築、墓碑銘、臓器、祭壇、告白、絵画の多くの要素が爆撃から逃れられました。1945年1月21日に、ミサが再び祝われてました。
聖フランシスコ教会のファサード・wikipedia-photo、ミチャウ・スタークマンによる教会の木版画(c。1855)・wikipedia-photo、廃墟の中の教会(1945)・wikipedia-photo、教会の内部・wikipedia-photo、パドヴァの聖アントニウスの祭壇・wikipedia-photo]

Church of St Francis in Warsaw – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がフランシスコ会教会です。

フランシスコ会教会拝廊のストリートビューです。

フランシスコ会教会身廊のストリートビューです。

フランシスコ会教会高祭壇前のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*