ミシレヴィツキ家の宮殿

マーカーはミシレヴィツキ家の宮殿です。

ミシレヴィツキ家の宮殿(Pałac Myślewicki w Warszawie)
[ワルシャワの王立ワジェンキ公園にある宮殿。
宮殿は、1774年から1779年にスタニスワフア・ウグスト・ポニアトフスキ(Stanisława Augusta Poniatowskiego)の注文によりドミニク・メルリーニ(Dominika Merliniego)の設計で、初期の古典主義スタイルで建設されました。最初は王室の宮廷が住んでいたましが、後に王子ヨゼフ・ポニアトフスキ(Józef Poniatowski)に引き継がれた(彼のイニシャルは入り口の上のカルトゥーシュ(Kartusz (ozdoba))にある)。ポーランド第二共和国には、ワルシャワの司令官であるボレスワフ・ヴィエニアワ・ドウゴショフスキ(Bolesława Wieniawę-Długoszowskiego)と、ユーゲニウス・クフィアトコフスキ(Eugeniusza Kwiatkowskiego)副首相に占有されました。建物は第二次世界大戦を生き延びました。
戦争後、ミシレヴィツキ宮殿は政府の建物のままでした。この建物には閣僚会議(Urząd Rady Ministrów)のゲストアパートメントがあり、ユーゴスラビアの 指導者ヨシップ・ブロズ・チトーインド首相インディラ・ガンディー米国副大統領リチャード・ニクソンが宿泊しました。建物は1980年にロイヤルアジエンキ博物館に引き継がれました
1958年から1970年にかけて、中華人民共和国と米国の大使の間で秘密の話し合いが宮殿の食堂で行われ、これらの国々の間で外交関係が確立されました。入り口の記念額はこれらの出来事を記念しています。
2015年に、ミシレヴィツキ宮殿の改修が完了しました。これは、ワジェンキで実施された主要な改修工事の一部でした。当時、屋根のトラスは修理され、その銅板のカバーが交換され、ファサードは改装されました。
ミシレヴィツキ家の宮殿ファサード・wikipedia-photo、1850年頃のミシレヴィツキ宮殿
wikipedia-photo、宮殿1階の食堂・wikipedia-photo、コンサートルーム・wikipedia-photo、1958〜1970年のアメリカと中国の会談を記念するプラーク・wikipedia-photo]

Myślewicki Palace – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がミシレヴィツキ家の宮殿です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*