ワルシャワ中央駅

マーカーはワルシャワ中央駅です。

ワルシャワ中央駅
[ワルシャワ中央駅(Warszawa Centralna)はポーランドの首都ワルシャワにある鉄道駅。ドイツウクライナベラルーシロシアなどへと至る国際列車が発着する。2005年にポーランド国鉄が制定した国内鉄道駅格付では、Aランク駅である。1975年、アルセニウシュ・ロマノヴィッチの設計で現在の駅舎が完成した。ワルシャワ中央駅は地下鉄(地下鉄1号線)とは連絡はしていないが、バス、トラム、各近郊鉄道(ワルシャワ都市高速鉄道(SKM)社、マゾフシェ鉄道(KM)社、ワルシャワ通勤鉄道(WKD)社の、旧国営3社)との接続は良い。共産党政権下の各国でみられる建築様式である。大きな駅舎だが、乗車ホームは地階にあり、駅の1階と2階には切符売り場や様々な店がある。有人の切符売り場は混雑することが多く、切符購入には時間を要する。地階のホームは4本で、8番線まである。
駅舎(2007年7月28日)・wikipedia-photo  (wikipedia・ワルシャワ中央駅より)]

カメラ西南西方向がワルシャワ中央駅です。

ワルシャワ中央駅階段室のカメラです。

ワルシャワ中央駅プラットホームのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*