ワルシャワ国立美術館

マーカーはワルシャワ国立美術館です。

[Google アートプロジェクト] – 「ワルシャワ国立美術館

ワルシャワ国立美術館(Muzeum Narodowe w Warszawie)
[ワルシャワ国立美術館(Muzeum Narodowe w Warszawie)は、ポーランドの首都ワルシャワにある美術館である。ワルシャワ国立博物館とも。1862年に創設された”Museum of Fine Arts, Warsaw”が前身。1916年に現在の名前になった。古代ギリシア古代ローマの芸術品や16世紀以降のポーランドの絵画、イタリアフランスオランダ絵画などを有している。
ワルシャワ国立美術館・wikipedia-photo  (wikipedia・ワルシャワ国立美術館より)]

[ワルシャワの国立博物館には7つの常設展示があり、古代ギリシアの壷、古代エジプトミイラ、ファラスのフレスコ画、中世の彫刻と聖餐台、ポーランドとヨーロッパの絵画と装飾品など、古代から現代までの芸術品をご鑑賞いただけます。  (「ワルシャワ観光案内所のサービスについて – Warszawa」より)]

ワルシャワ国立美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がワルシャワ国立美術館のストリートビューです。

ワルシャワ国立美術館エントランスのストリートビューです。

ワルシャワ国立美術館エントランスホールのストリートビューです。

作者不詳『聖アンナ(Saint Anne (wall painting))、ファラス(Faras)のフレスコ画』(8世紀)(wikipedia-photo)

ヤン・マテイコ作『タンネンベルクの戦い』(制作・1875–1878年)(wikipedia-photo)

アンナ・ビリスカ・ボダノヴィツォワ(Anna Bilińska-Bohdanowiczowa)作『ネグレス(Murzynka)』
[絵画は、第二次世界大戦中の未知の状況でワルシャワの国立博物館から略奪され、その後絵画は2011年11月25日にオークションにかけられました。ポーランド文化・国家遺産省はオークションについて知り、ボグダン・ズドロイェフスキ大臣は文化省の文化遺産局に返還申請書を作成するよう指示し、ポーランド側が現在の所有者に補償金を支払うことで和解に達しました。絵画はポーランドに戻り、2012年3月21日にワルシャワの国立博物館のコレクションに寄贈されました。]

アレクサンダー・ギエリムスキー(Aleksander Gierymski)作『オレンジ色のユダヤ人(Żydówka z pomarańczami)』(制作・1880-1881年)(wikipedia-photo)

ヤチェク・マルチェフスキ作『ポーランドの村。アレクサンダー・ヴィエロポルスキの肖像(Hamlet polski. Portret Aleksandra Wielopolskiego)』(制作・1903年)(wikipedia-photo)

ヨゼフ・チェモスキ(Józef Chełmoński)作『インドの夏(Babie lato)』(制作・1875年)(wikipedia-photo)

ヨゼフ・チェモスキ作『コウノトリ(Bociany)』(制作・1900年)(wikipedia-photo)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*