ワルシャワ大学内カジミェジョフスキ家の宮殿

マーカーはワルシャワ大学内カジミェジョフスキ家の宮殿です。

ワルシャワ大学内カジミェジョフスキ家の宮殿
[カジミェジョフスキ家の宮殿は、1817-27年の間にフレデリック・ショパンの住んだ家で、現在は東洋学部日本学科が使用している。  (wikipedia・ ワルシャワより)]

[ヤン2世カジミェシュの夏の別荘として1660年に建設された宮殿です。1764~68年には、タデウシュ・コシチュシュコ、J.U.ニェムツェヴィチと J.ソヴィニスキが教育を受けた、学生軍事教練隊(騎士学校)として使用されました。また1824年からはワルシャワ大学の学長事務所になりました。  (「ワルシャワ観光案内所のサービスについて – Warszawa]」より)]

カメラ北東方向及び南南西がカジミェジョフスキ家の宮殿です。

カジミェジョフスキ家の宮殿のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*