ワルシャワ工科大学

マーカーはワルシャワ工科大学本館です。

ワルシャワ工科大学
[ネオ・バロック様式とネオ・ルネッサンス様式の彫刻で飾られた建物は20世紀初頭に建てられたものです。美しい回廊をもつ大講堂はこの大学の生徒と職員たちの誇りとなっており、この場所を訪れる人たちが心を奪われる場所となっています。
1925年マリア・スクウォドフスカ=キュリーはこの大学で教授たちからの多くの賞賛を得、その1年後には物理学科名誉博士の称号を授与されました。2005年、中央ホールに2メートルの大きさのマリアの像がつくられました。作者である彫刻家のマクシミリアン・ビスクプスキは、マリア・スクウォドフスカを数々の苦難を乗り越えた女性として表現したかった、と語っています。  (「マリア・スクウォドフスカ =キュリーのワルシャワ – WarsawTour」より)]

[ワルシャワ工科大学本館・wikipedia-photowikipedia-photowikipedia-photowikipedia-photo]

カメラ西北西方向がワルシャワ工科大学本館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*