新市街広場

マーカーは新市街広場です。

新市街広場(New Town Market Place)
[新市街マーケット広場(ポーランド語: Rynek Nowego Miasta)は、ポーランド、ワルシャワ、ワルシャワ新市街のメイン広場である。広場は、ワルシャワ新市街のメイン広場として、1408年以前に造成された。広場のエリアは140×120メートル長方形の形状を有していた。15世紀には、広場の中心に木造のタウン・ホールが構築され、周囲には住宅も建設された。
1544年に広場は火災によって損傷を受け、タウン・ホールはレンガで再建されたが、周囲の建物は木造のままであった。
大洪水時代、1656年に広場はスウェーデンの侵略により焼失しました。復興が遅滞して、タウン・ホールは1680年に再び建てられました。1688年にバロック建築聖カシミロ教会が、オランダの建築家Tylman van Gamerenによって建てられました。18世紀の後半には、木造住宅の建物はレンガ長屋に建て替えられています。1785年、タウン・ホールは、部分的に再構築され、いくつかの店は、その近傍に追加されました。1818年にタウン・ホールが取り壊されており、広場は1878年に、マーケット広場の名称が付けられました。その後、広場周辺の建物が拡充され、職人や労働者の家が増えた。1932年に聖クレメンス・ホーフバウアー(Klemens_Hofbauer)の像が広場に設置されました。
第二次世界大戦中、1944年のワルシャワ蜂起 で、広場は完全に破壊され、教会を含めて家屋の80%が完全に破壊された。戦後、広場は18世紀の建築様式で再建され、再建は1955年まで続きました。
広場の北側・wikipedia-photo]

カメラ南南西方向が新市街広場で、カメラ東方向が聖カシミロ教会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*