聖アンナ教会

マーカーは聖アンナ教会です。

聖アンナ教会(St. Anne’s Church)
[聖アン教会(ポーランド語: Kościół św. Anny)は、ポーランドワルシャワの旧城広場に隣接し歴史的中心部にある教会で、新古典主義ファサードを持つポーランドの最も著名な教会の一つです。現在、教会はワルシャワのアカデミック・コミュニティの主教会の教区です。教会は、1454年マゾフシェ公爵夫人アンナ・フョードロヴナ(Anna Fiodorowna)が、ベルナルド会のための修道院として設立したものです。教会前の広場は、プロイセンの支配者によるてポーランドの君主(1578年に最初の宣誓、1621年に最後の宣誓)への厳粛な忠誠の宣誓の場所だった。1582年に細長い塔が教会に加えられ、しばらくしてそれは城壁で囲まと都市の防備に組み込まれました。聖アンナ教会は、1603年、1634年、1636年と1667年に数回再建されました(大洪水時代の1655年から1660年まで続いたスウェーデン(プファルツ王朝)によるポーランド・リトアニア共和国への侵入と占領をによる略奪のため破壊が最もひどかった)。教会はポーランド最後の国王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキの命令により1786年と1788年の間に最後の改築がなされた。1794年、ロシア女帝エカチェリーナ2世の支持を受けたタルゴヴィツァ連盟に対抗して蜂起したタデウシュ・コシチュシュコ派の一部から、司教ユゼフ・カジミェシュ・コッサコフスキはタルゴヴィツァ連盟の指導者で国家の裏切り者と見なされ教会の前で処刑(ワルシャワ住民の大きな拍手で絞首刑)された。
教会は、1939年のナチス・ドイツ軍のワルシャワ空襲でわずかに破損した(屋根と塔が火災で破壊され、建築家Beata Trylińskaによって再建された)。屋根は、ワルシャワ蜂起の鎮圧後にナチス・ドイツ国防軍兵士により深刻な被害を受けました。
4つの伝道者の彫像を持つファサード・wikipedia-photo、「1861年2月27日の聖アンナ教会前の愛国的なデモ、多くの流血で終わった。」・wikipedia-photo]

[1454年にアンナ・マゾヴィエツカ公爵夫人の支援によって、ベルナルド会のために創立されたこのゴシック建築の教会には、16世紀に
ルネサンス建築鐘楼が増築されました。しかしスウェーデン戦争時に破壊されバロック建築として再建されましたが、18世紀末に改築され、その正面はCh.P.アイグナーとスタニスワフ・コストカ・ポトツキの設計で新古典主義建築に変わりました。ここでは古いオルガンと絵画が見所です。  (「ワルシャワ観光案内所のサービスについて – Warszawa]」より)]

カメラ東方向が聖アンナ教会です。

聖アンナ教会内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*