聖カシミロ教会

マーカーは聖カシミロ教会です。

聖カシミロ教会(St. Kazimierz Church)
[聖カシミロ教会(ポーランド語: in full, Warszawski kościół Sakramentek pod wezwaniem św. Kazimierza)は、ポーランドワルシャワ新市街マーケット広場にあるローマカトリック教会です。聖カシミール教会はもともとコトウスキー宮殿(Kotowski_Palace)で、Adam Kotowskiの居城であった。1688年に宮殿は、女王マリー・カジミール・ド・ラ・グランジェ・ダルキアン(Maria Kazimiera Sobieska)がポーランドに持ってきた、最も神聖な聖餐の永久礼拝のためベネディクト会修道女が奉仕する教会に改修するために購入された。1688年から1692年にコトウスキー宮殿はオランダ建築家ティールマン・ファン・ハメレン(Tylman_van_Gameren)による設計で、教会兼回廊に改築された。Tylman_van_Gamerenは、大洪水時代以降に再建された建物のほとんどで行われていた、パラディオ様式の教会として設計した。
第二次世界大戦中に、ワルシャワ蜂起では、近くの聖ヤツェク教会(St. Hyacinth’s Church)と聖カシミロ教会は病院として使用されました。修道女が教会や地下室で多くの民間人を収容し、同様に、彼女らはできる限りの医療援助を与えた。1944年8月、彼女らは負傷した反政府勢力を支援するために自分たちの医療援助を一時停止することを決めた。この決定のためドイツ軍は教会や修道院を重爆撃の対象としました。 1944年8月31日の集中襲撃のため、教会の地下室に避難していた4人の司祭、35人の修道女と千人以上の民間人が殺され、Maria Karolina Sobieska(ヤン3世_(ポーランド王)の孫娘)の壮麗な教会や修道院が完全に破壊されました。教会は1947年から1953年に再建されましたが、コトウスキー宮殿は復元されませんでした。
「聖カジミエシュ教会は、第二次世界大戦後に再構築された。」・wikipedia-photo、「1770年Bernardo_Bellotto作、新市街マーケット広場の聖カシミロ教会」・wikipedia-photo、聖カシミロ教会内部・wikipedia-photo、19世紀の彫刻・wikipedia-photo、シャーロットの胸像・wikipedia-photo]

[この教会は、ヤン3世ソビエスキ王ウィーンでの勝利を祝福するために、マリア・カジミェラ・ソビエスキ女王の支援で、ティールマン・ファン・ハメレンの設計を基に1688~922年にバロック様式で建設されたものです。ワルシャワ蜂起中にここは蜂起軍病院と市民用防空壕として利用されていましたが、爆撃を受けて数百人が犠牲となりました。しかし教会は1947~52年に復元されました。  (「ワルシャワ観光案内所のサービスについて – Warszawa]」より)]

カメラ位置は新市街広場で、カメラ北東方向が聖カシミロ教会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*