聖ヤツェク教会

マーカーは聖ヤツェク教会です。

聖ヤツェク教会(St. Hyacinth’s Church)
[聖ヤツェク教会(Polish: Kościół św. Jacka; named after Saint Hyacinth — in Polish, święty Jacek Odrowąż-Wojtkowicz, one of several patron saints of Poland)は、ポーランドワルシャワの新市街フレタ通り 8/10に位置しています。聖ヤツェク教会はドミニコ会によって設立され、ワルシャワ最大の修道院に隣接していた。教会は、ルネサンス建築と初期バロック建築の混合体である。教会の建設は1603年に始まり、1639年に完成した。建設中およびその後間もなく教会は華やかなチャペルに包含された。1627年にJadwiga Mińskaは、ダークチャペル言われるホーリークロスチャペルを設立そして1651年に Royal Musiciansが雪の聖母礼拝堂を設立しました。
大洪水時代、ポーランドは西半地域の大部分がスウェーデン(プファルツ王朝)支配下に入り、スウェーデン人たちは1655年に無抵抗の首都ワルシャワに入城し、教会は他の建物と同じにスウェーデン人に剥奪され、荒らされ、焼かれた。戦争の後で教会は司教Wojciech Tolibowskiによって再建され、1661年にポズナン(Poznań )の司教により献堂された。1662年に鐘楼が教会に隣接し建立され、1690年には華やかなバロック建築の教会がワルシャワの著名な建築家Tylman van Gamerenの設計によって建設された。18世紀は教会の偉大な繁栄の時代であった。
第二次世界大戦中、教会や修道院はワルシャワ蜂起のポーランド軍の野戦病院となった。このことによりこれらの建物は頻繁にナチス・ドイツ軍の爆撃のターゲットになり、爆撃中に千人以上の民間人と武装勢力が殺害された。]

[ワルシャワの商人の寄付金によってJ.ヴオフの設計を基に1603~39年に建てられたバロック様式の教会です。ドミニコ会士は17世紀の初めにクラクフからきました。ワルシャワ蜂起中にはこの教会の地下にあった蜂起軍の病院が崩れ、そこに入院していた数百人の蜂起軍人が犠牲となりました。しかし戦後になって病院は復元されました。  (「ワルシャワ観光案内所のサービスについて – Warszawa]」より)]

カメラ東北東方向が聖ヤツェク教会です。

聖ヤツェク教会翼廊のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*