聖ヨハネ大聖堂

マーカーは聖ヨハネ大聖堂です。

聖ヨハネ大聖堂St. John’s Cathedral)
[聖ヨハネ大聖堂( Archikatedra św. Jana w Warszawie)はワルシャワの旧市街にあるカトリック教会で、ワルシャワで唯一の大聖堂(司教座聖堂)です。聖ヨハネ大聖堂は、ワルシャワのイエズス会教会のすぐ隣に立って、市で最も古い教会の一つでワルシャワ大司教区の主教会です。聖ヨハネ大聖堂はポーランドの国民のパンテオン(pantheons)の一つです。教会は、ワルシャワ旧市街と一緒に、文化的意義のとしてユネスコの世界遺産に登録されています。マゾフシェ・ゴシック建築で14世紀に建てられた大聖堂は、もともと、マゾフシェ公国マゾフシェ公のための戴冠式や埋葬地を務めていました。大聖堂は、1620年大聖堂の正面でMichał Piekarskがポーランド・リトアニア共和国の国王ジグムント3世の暗殺企て失敗後の1620年代に、王宮(16世紀後半に女王アンナ_(ポーランド女王)によって構築された。)と長さ80メートルの高架廊下で接続されました。教会はその後数回、19世紀に最も多く再建され、イギリス・ゴシック・リヴァイヴァル建築の一例として、第二次世界大戦まで保存されていました。
第二次世界大戦中の1944年ワルシャワ蜂起には、大聖堂はポーランド国内軍ナチス・ドイツ軍との間の戦闘の場所となり、ナチス・ドイツ軍は大聖堂に爆薬を装填した戦車を聖堂に進入させることに成功し、巨大な爆発は、建物の大部分を破壊しました。聖ヨハネ大聖堂は戦後に再建されましたが、外装再建は14世紀の教会の外観上の推定(17世紀初期Georg Braunのイラストと1627年アブラハム・ブート(Abraham Boot)のデッサン)ではなく、第二次世界大戦前の外観に基づいています。
聖ヨハネ大聖堂・wikipedia-photo、1670年の女王 Eleonora Wiśniowieckaの戴冠式の聖ヨハネ大聖堂内の絵・wikipedia-photo、1836年のMarcin Zaleskiによる聖ヨハネ大聖堂内の絵・wikipedia-photo]

カメラ北北東方向が聖ヨハネ大聖堂です。

聖ヨハネ大聖堂拝廊のカメラです。

聖ヨハネ大聖堂身廊のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*