聖母マリア訪問教会

マーカーは聖母マリア訪問教会です。

聖母マリア訪問教会(Church of the Visitation of the Blessed Virgin Mary)
[聖母マリア訪問教会(ポーランド語:KościółNawiedzeniaNajświętszejMarii Panny)は、ポーランドワルシャワにある教会である。教会はワルシャワ最古の建物の一つで、市内のゴシック建築の数少ない例の一つである。セントメアリー教会は古代異教の礼拝所の敷地内に立っている。教会の礎石は、1410年ワルシャワ公国ヤヌシュ1世スタルシと彼の妻・リトアニアケーストゥティス大公の娘ダヌテ(Danut)によって築かれ、教会は1411年に献堂 された。教会は、修正または破壊により、数回再構築されています。もともとは、天井とアーチの内陣を持っ1身廊でレンガで作られていた。15世紀の終わりまでには、3つの身廊を持つバシリカに改築された。教会の最も印象的な特徴は、1518年に建てられた塔です。それは遠方から認識可能であり、ワルシャワの最古の画像に描かれています。教会は第二次世界大戦中にナチス・ドイツ軍によって、本堂の屋根が崩壊し、塔の上部が爆破される深刻な損傷を受けた。現在の教会はBeata Trylińskaの設計により、1947年から1966年に再建されたものです。
教会の裏にヴィスワ川までつながる小さな公園があり、広場では野外劇場公演と地域で編成されたコンサートが開かれます。
「1770ベルナルド・ベロット(Bernardo_Bellotto)作・セントメアリー教会の絵画」・wikipedia-photo、ヴィスワ川の土手から見た聖母マリア訪問教会・wikipedia-photo]

[アンナ・マゾヴィエツカ公爵夫人の支援で15世紀に建設されたこのゴシック様式の教会は、ワルシャワで最も古い物の1つです。この教会は幾度も改築されましたが、ワルシャワ蜂起中には破壊され、1950年には復元されました。しかし16世紀の鐘楼だけは昔のまま保管されています。  (「ワルシャワ観光案内所のサービスについて – Warszawa]」より)]

カメラ北東方向が聖母マリア訪問教会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*