詩人アダム・ミツキェヴィチの像

マーカーは詩人アダム・ミツキェヴィチの像です。

詩人アダム・ミツキェヴィチの像
[アダム・ベルナルト・ミツキェヴィチ(Adam Bernard Mickiewicz 1798年12月24日 – 1855年11月26日)はポーランドを代表する国民的ロマン派詩人であり、政治活動家。
旧ポーランド東部のノヴォグルデク(現ベラルーシ、ナヴァグラダク)で、弁護士の子として生まれる。1807年から1815年にかけてドミニコ会の修道院で学ぶ。その後教職に就くために、ヴィリニュスにあるステファン・バトリ大学で学ぶ。学生時代には、ポーランド立憲王国としてポーランドを支配するロシア帝国からの独立を目指す若者による政治・教育地下組織の共同設立者の一人となった。
1823年にロシアによって逮捕され、1824年にロシア領内への追放刑を受けたが、首都サンクトペテルブルクで文芸サークルに所属し、ヴィルノ(ヴィリニュス)滞在時から始めていた詩作の才能を伸ばした。1828年には14世紀のリトアニア大公国で活躍したドイツ騎士団、コンラード・フォン・ヴァレンロットについての同名の叙事詩(Konrad_Wallenrod)を発表し、その後にポーランドで続いた民族蜂起に思想的な影響を与えた。
1829年にロシア出国を認められ、ドイツヴァイマルゲーテに会った後にイタリアに向かい、最終的にはローマで創作活動を行った。ここでミツキェヴィチの代表作ともされる叙事詩「パン・タデウシュ」(Pan_Tadeusz)を執筆。
1832年にはフランス七月王政期)のパリに移り、1834年6月に「パン・タデウシュ」の初版を発行。同年7月には高名なポーランド人女性ピアニスト・作曲家だったマリア・シマノフスカの娘のセリナと結婚したが、不和によってセリナは精神的に病み、1838年にはミツキェヴィチ自身が投身自殺未遂を起こした。1840年にはコレージュ・ド・フランスに新設されたスラヴ語・スラヴ文学のトップとなったが、1844年に辞任し、以後は神秘主義の傾向を強めた。1848年から1849年にかけての冬にはフレデリック・ショパンが病気だったミツキェヴィチを訪れ、ピアノ演奏によって彼の心を癒した。ショパンは12年前にミツキェヴィチの詩2編に旋律を付けた事があった。1849年にはフランス語の新聞「La Tribune des Peuples」(護民官)を創刊したが1年しか持たなかった。ミツキェヴィチにとってフランス帝国の復興は新たな希望となり、その最後の創作はナポレオン3世への頌歌と言われている。
1855年、妻のセリナが亡くなると、ミツキェヴィチはクリミア戦争にポーランド人部隊を派遣してロシア帝国と戦うため、パリに未成年の子ども達を残してオスマン帝国コンスタンティノープル(現在のトルコイスタンブール)に移動して準備を進めたが、その最中に同地で病没。死因はコレラと推測される。
死後、彼の遺体はコンスタンティノープルで仮埋葬された後にフランスに移されたが、1890年にポーランドに移され、クラクフヴァヴェル大聖堂の地下室に安置された。
「ワルシャワのアダム・ミツキィェーヴィッチ像」・wikipedia-photo  (wikipedia・アダム・ミツキェヴィチより)]

カメラ初期設定方向が詩人アダム・ミツキェヴィチの像です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*