Cafe Blikle

マーカーはCafe Blikleです。

Cafe Blikle
[今回見つけたBlikleというケーキ屋さんは1869年創業の古いお店のようでデリカテッセンも併設された大きくてワルシャワの人たちにとても愛されているお店のようでした。まず食べたのはポンチキという薔薇のジャムの入っているドーナッツ。素朴に見えてあっさりしているのに薔薇だなんてこの街の味だと思いました。ウィーン菓子のもう少し素朴な感じのお菓子があれば、なんて期待をしていたらその通りのお菓子に出会え、うれしくって何度も通いました。こういうお店を見つけるとその街が断然好きになっちゃいますし、大袈裟ですがその街を理解しやすくなります。  (「Blikleというワルシャワのケーキ屋さん。 : 高野久美子のcakeで元気!」より)]

[こちらは1869年創業の老舗カフェA.Blikle/ブリクレ。隣にはお持ち帰りのケーキショップを併設しています。お店に入るとウェイターさんが暖かく迎えてくれました。店内奥はそれほど広いわけではありませんが、アンティークの家具の温もりに包まれた優しい空間になっています。こちらでいただいたのはポーランド名物の一つPączki/ポンチキ。ポンチキはジャムの入った揚げパンで、このお店のポンチキは珍しい薔薇のジャムが使われています。ここのポンチキは他のお店に比べると倍近くするほど高く、1つ2.3zl/約70円。それでも老舗カフェで珍しいジャムを使っていると思えば納得のお値段です。  (「8月6日 A.Blikle! : こにくのオーストリアの街角から~Servus!」より)]

カメラ西南西方向がCafe Blikleです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*