カフェ・バウム

マーカーはカフェ・バウムです。

カフェ・バウム(Zum Arabischen Coffe Baum)
[カフェ・バウムはドイツ最古、ヨーロッパでもパリカフェ・プロコップ(Café Procope)に次ぐ2番目に古い伝統を持つ名店としてその歴史を刻んでいます。ヨーロッパ有数の商都として様々な文物のもたらされたライプツィヒにはコーヒーもいち早く紹介され、この館でのコーヒーの提供は1711年に始まり、1720年に「カフェ・バウム」という店名で正式に開店を迎えました。各時代の様々な著名人がここを訪れ、中でも作曲家ロベルト・シューマンはかつて毎夜ここで音楽談義に花を咲かせたといいます。内部には3階にわたって雰囲気の異なる複数のカフェとレストランがあり、コーヒーや料理の味わいもまた格別です。そして「カフェ・バウム博物館」(3~4階)を訪れればコーヒーについての逸話や歴史について触れることもできます。  (「観光案内~ライプツィヒ発見 ショッピング/お食事 カフェ巡り」より)]

[シューマンゆかりのコーヒー店《カフェ・バウム》]

ドラレヴァッチュ横丁・カフェ・バウム前・夜の360citiesです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*